@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

題目立【ダイモクタテ】

デジタル大辞泉

だいもく‐たて【題目立】
奈良県奈良市上深川(かみふかわ)町の八柱(やはしら)神社に伝わる民俗芸能宮座入りした数え年17歳の若者を中心に演じられる語り物。国の重要無形民俗文化財、またユネスコ無形文化遺産

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

題目立
奈良県奈良市都祁に伝わる民俗芸能。八柱神社の秋祭で、祭祀組織である「宮座」に入ったばかりの数え17歳の若者たちを中心に演じられる語り物芸。独特の抑揚のある台詞劇で、語りの終わり近くになると「フショ」と呼ばれる舞が舞われる。1976年、国の重要無形民俗文化財に指定。2009年、ユネスコの無形文化遺産に登録。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

題目立
だいもくたて

民俗芸能。奈良市上深川(かみふかわ)町(旧、山辺(やまべ)郡都祁(つげ)村上深川)の八柱(やはしら)神社および奈良市丹生(にう)町の丹生神社など奈良地方で行われていた中世芸能。今日では上深川だけに残っており、八柱神社の10月12日の秋祭に行われる。『多聞院(たもんいん)日記』天正(てんしょう)4年(1576)の条に題目立と記してある。名称の由来は明らかでないが、『多聞院日記』には、経論(きょうろん)に節をつけて読むというようなことが書いてあるから、仏教でいう題目を唱えることと関連して名称がつけられたと思われる。現在、上深川では『巌島(いつくしま)』『大仏供養』『石橋山』の3曲を伝え、毎年、宮座入りをした17歳の男子を中心に演じられる。立烏帽子(たてえぼし)に素袍(すおう)上下で扇を首筋に斜めに挿し、弓を持ち、特設の舞台で舞う。『巌島』を例にとると、清盛(きよもり)は素袍上下で扇以外の持ち物はなく、神主は幣(へい)を持ち、ほんさんみ、経盛(つねもり)、こまつ、くらんど、さだいじんは弓を持ち、弁才天は顔におしろいをつけ、宝冠をかむり長刀を持つ。各役それぞれ座席を占め、語物を独特な節回しで謡う。曲のなかでフシヨ舞という所作が入る。これは、1人が中央に扇を手に持って出て舞い、他の者は片膝(ひざ)をつき、扇で拍子をとり、喜びの歌をうたうものである。他の地方にない特色ある民俗芸能で、1976年(昭和51)には国の重要無形民俗文化財に指定されている。

[後藤 淑]

 また、2009年(平成21)ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

題目立
(奈良県奈良市)
無形文化遺産」指定の地域遺産。
奈良県東北部の上深川の八柱(やはしら)神社の秋祭(10月12日)で、数え17歳の青年たちを中心に演じられる語り物芸。源平合戦を題材にした「厳島」「大仏供養」「石橋山」の三番が伝承されている。類例の少ない語り物の芸能であり、中世の芸能の姿をうかがわせる。重要無形民俗文化財(民俗芸能:語り物・祝福芸)

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

題目立」の用語解説はコトバンクが提供しています。

題目立の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation