@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

額紫陽花【ガクアジサイ】

デジタル大辞泉

がく‐あじさい〔‐あぢさゐ〕【額紫花】
ユキノシタ科の落葉低木。暖地の海岸近くに自生。葉は卵形。夏、枝先に花が集まって咲く。紫色または白色の萼(がく)からなる装飾花に囲まれて、中央に多数小さい両性花があり、両性花は結実する。アジサイの原種。庭木とされる。がくのはな。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

額紫陽花 (ガクアジサイ)
学名:Hydrangea macrophylla
植物。ユキノシタ科の落葉低木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐あじさい ‥あぢさゐ【額紫陽花】
〘名〙 ユキノシタ科の落葉低木。関東南部、伊豆半島、伊豆七島の海岸近くに野生し、観賞のため植栽されることも多い。茎は根元から叢生し、高さ二メートルに達する。葉は対生。深緑色で厚く光沢があり、先端のとがった楕円形で柄がある。夏、枝先に装飾花に囲まれて碧紫色の小さな五弁花をやや密に多数つける。装飾花は直径約四センチメートルの方形で青紫色または白みのある紫色。がくばな。がく。がくのはな。《季・夏》
※庭苔(1926)〈岡麓〉「色うすきがくあぢさゐの花咲けり一叢竹のなびく傍」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

額紫陽花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

額紫陽花の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation