@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

額銀【ガクギン】

デジタル大辞泉

がく‐ぎん【額銀】
江戸末期発行の天保一分銀の俗称。額縁に似た長方形であるところからいう。額判。角。→天保金銀一分銀

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐ぎん【額銀】
〘名〙
① 定められた額の銀貨。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「額銀の外に銅を用ひて代物替へするなどいふ事出来て」
② 江戸末期、天保八年(一八三七)発行の天保一分銀の俗称。表面が額縁様で、中央に「一分銀」と額面が表示されている。額判。額。
※人情本・春情花の朧夜(1860頃か)二「紙に捻って額金一つ、『こりゃア今日のお茶代だ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

額銀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

額銀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation