@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

顕熱

栄養・生化学辞典

顕熱
 物質を加熱したときにそれが温度上昇として観察される熱.対語潜熱で,例えば氷が融けて水になっているときには熱を与えても温度上昇は観察されない.このような場合の熱と区別される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんねつ【顕熱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

顕熱
けんねつ

熱力学におけるエンタルピーと同義である。気象学では潜熱に対比して用いられる。いま、気温をT(絶対温度)、空気の定圧比熱をCpとすれば、単位質量の空気の顕熱hは次式で与えられる。

  h=CpT
顕熱は熱力学的変化において、圧力を一定にした場合に必要な熱量を考慮した一種のエネルギーを示す状態変数である。

[股野宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐ねつ【顕熱】
〘名〙
① 物質の状態は変えずに、温度変化にのみ費やされる熱量。⇔潜熱(せんねつ)。〔工学字彙(1886)〕
② 高揚した気分が、外に現われること。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉五「今は我為めに故郷の快楽の顕熱の日なりき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

顕熱
ケンネツ
sensible heat

温度変化として現れる熱量のことであり,物体の温度変化に平均熱容量を乗じて計算される.温度変化として現れない潜熱(蒸発潜熱,融解熱)に対して使われる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顕熱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

顕熱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation