@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

類人猿【るいじんえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

類人猿
るいじんえん
Pongidae; anthropoid primate
霊長目オランウータン科の動物総称で,4属約 11種から成る。前肢後肢より長く,地上では,後肢の足裏と軽く曲げた前肢の指の背側を地面につけて歩く。顔はほとんど裸出し,耳も裸出して丸い。,頬袋がない。盲腸虫垂をもつ。大脳はよく発達していて,視力聴力ともにすぐれ,利口な動物である。赤道アフリカゴリラチンパンジーボノボ (ピグミーチンパンジー) が,アジア南部の森林オランウータンが分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

るいじん‐えん〔‐ヱン〕【類人猿】
霊長目ヒト上科に属するサル通称ヒトに最も近縁で、腕が長く、尾をもたない。現生種ではゴリラチンパンジーボノボオランウータンおよびテナガザル類がこれにあたる。人似猿(ひとにざる)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

るいじんえん【類人猿】
霊長目真猿亜目ヒト上科ショウジョウ科Pongidaeに属する哺乳類の総称。英語ではanthropoid,あるいはapeというが,後者は尾のないサルの意で,クロザルやバーバリーモンキーなど尾の極端に短いサルにもあてることがある。 テナガザル亜科Hylobatinaeとショウジョウ亜科Ponginaeからなり,前者小型類人猿lesser ape,後者を大型類人猿great apeとも呼ぶ。テナガザル亜科はテナガザルHylobatesの8種からなり,東南アジアを中心に分布する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

類人猿
るいじんえん
anthropoid

哺乳(ほにゅう)綱霊長目ヒトニザル(ヒト)上科ショウジョウ科に属する動物の総称。この科Pongidaeの仲間は、ショウジョウ亜科Ponginaeまたは大形類人猿great apesと、テナガザル亜科Hylobatinaeまたは小形類人猿lesser apesに分かれ、前者には3属4種、後者には1属8種が含まれる。また、アジアの類人猿Asian apesとアフリカの類人猿African apesに分けることもある。前者はテナガザル類とオランウータンからなり、後者はゴリラ、チンパンジー、ボノボからなる。いずれも熱帯森林に生息する。尾をもたないこと、頬袋(ほおぶくろ)をもたないことでオナガザル類と区別される。歯式は、オナガザル類およびヒトと同じ

の32本である。大形類人猿はとくに発達した脳をもつ。頭蓋(とうがい)内容量は、オランウータン400cc、ゴリラの雄500cc、雌400cc、チンパンジー400ccで、小形類人猿であるテナガザルの100ccに比し格段の開きがある。類人猿の祖型は、第三紀漸新世のエジプトのファイユームから出土している。類人猿はヒトに最近縁の系統群で、人類進化の研究にとっては重要な存在である。

[伊谷純一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

類人猿 (ヒトニザル)
動物。ヒトニザル科の哺乳動物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

るいじん‐えん ‥ヱン【類人猿】
〘名〙 霊長目ショウジョウ科に属する哺乳類の総称。最もヒトに近縁なサル類で、ゴリラ、チンパンジー、オランウータンなどがある。発達した脳を有し、尾はなく、上半身を半ば起こして歩行する。広くはテナガザルも含める。
※面白半分(1917)〈宮武外骨〉人類の最大発明は直立直行「類人猿(ルヰジンヱン)の足の拇趾は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

類人猿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

類人猿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation