@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

顧問【コモン】

デジタル大辞泉

こ‐もん【顧問】
会社、団体などで、相談を受けて意見を述べる役。また、その人。
意見を問うこと。相談すること。
「天下の事―に預りて」〈愚管抄・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典

顧問
「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いているを指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年弁護士社会保険労務士、各種コンサルタントなどの専門家に外部顧問として顧問料を支払い、専門的見地から指導助言などのサービスを受ける企業も増えています。これを顧問契約といいます。
(2011/6/13掲載)

出典:『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こもん【顧問】
団体や会社などで、相談を受け、意見を述べる役。また、その人。
相談すること。意見を求めること。 -にもそなはりぬべし/著聞 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐もん【顧問】
〘名〙
① 相談すること。意見を問うこと。諮問。
※権記‐長保三年(1001)九月七日「雖避顧問之職、猶可奏所聞得事頭中将今日初奏文云々」 〔宋史‐文天祥〕
② 相談や諮問を受ける役職。また、その人。相談役。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外二「国許の農業試験所の顧問に聘せられたので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顧問」の用語解説はコトバンクが提供しています。

顧問の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation