@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

顧愷之【こがいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

顧愷之
こがいし
Gu Kaizhi
[生]344頃. 江蘇無錫
[没]406頃
中国,東晋(→)の画家呉道子とともに中国絵画史の双璧。無錫(江蘇省)の人。は長康。虎頭将軍となったため顧虎頭とも呼ばれた。多才で才絶,画絶,癡絶(ちぜつ)をもって三絶と称され,逸話も多い。興寧2(364)年,建康(南京)の瓦官寺北殿に維摩像を描いて名声を得た。大司馬の桓温の参軍となって江陵,荊楚を遊歴。晩年は建康に帰り,義煕1(405)年散騎常侍に任ぜられたが,62歳で没した。中国絵画に必須の描線の美しさによる描写を極限にまで高めた最初の人で,後世それは高古遊糸描と呼ばれ,強い影響を与えた。道釈画を最も得意としたが,六朝時代神仙思想の流行に基づき,神仙山水人物図ともいうべき画も制作。真筆は現存しないが筆跡をうかがえるものとして,代の模本といわれる『女史箴図巻』(大英博物館),『洛神賦図巻』(フリーア美術館)などがある。著書に『顧愷之文集』『啓蒙記』があり,『魏晋勝流画賛』『論画』『画雲台山記』の 3編が『歴代名画記』に収められている。(→中国絵画

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ‐がいし【顧愷之】
[345ころ~405ころ]中国、東晋の文人画家。無錫(むしゃく)(江蘇省)の人。字(あざな)は長康。人物画にすぐれた。「女史箴(じょししん)図」「洛神賦図」などの模写されたものが伝わるほか、画論集に「論画」などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こがいし【顧愷之 Gù Kǎi zhī】
344‐408?
中国,六朝東晋の画家。字は長康,幼時の字を虎頭といい,顧虎頭とも呼ばれることがある。江蘇省無錫(むしやく)の生れで,名族呉郡顧氏の傍系の出。父の顧悦之は揚州刺史殷浩に仕えて正義感と勇気に恵まれた功臣であるが,顧愷之はその素質に乏しく,むしろ当意即妙の文辞によって主人の意を迎える才気の面を受けついでいる。その生涯の大半を長江(揚子江)中流地域を中心とする軍閥首領パトロンとして転々とした。初め桓温(かんおん)の参軍となり寵愛をうけたが,桓温の死後はどこの配下にも属せず,顧愷之の30~40歳代,20年間については伝記資料をまったく欠いている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

顧愷之
こがいし

生没年不詳。中国、東晋(とうしん)の画家。字(あざな)は長康。江蘇(こうそ)省無錫(むしゃく)の人。義煕(ぎき)年間(405~418)の初めごろ散騎常侍となったのち、まもなく62歳で没したという。建康(南京(ナンキン))の瓦官寺(がかんじ)の壁面に維摩(ゆいま)図を描いて名声を得た。歴史始まって以来といわれたほどの天才で、ことに肖像画、人物画に秀でていた。彼は「人物画を描くのはとくにむずかしい」といい、問題は形態や、明暗や、筆跡など表面的な技術にあるのではなく、対象となるものの奥に潜む精神をいかに描き出すかにあるとした。『論画』や『画雲台山記』などの画論も伝わっており、その絵画思想をうかがい知ることができる。大英博物館所蔵の『女史箴図(じょししんず)』は顧愷之の作とされるが、唐代の模写とする説が有力である。

[吉村 怜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐がいし【顧愷之】
中国、東晉の文人画家。六朝の三大家の一人。字(あざな)は長康。絵画をもって芸術の最高の表現とみなし、人物画にすぐれた。有名な「女史箴(しん)図」は唐代の模本とされる。画論に「画雲台山記」など。顧虎頭。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顧愷之」の用語解説はコトバンクが提供しています。

顧愷之の関連情報

関連キーワード

ディオニュシオス[2世]ディオニシオス(2世)頭蓋容量ライトノベル国民文化祭自治体職員の昇任試験韓国人の在外投票県の指定文化財中央道豊橋空襲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation