@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風と共に去りぬ【かぜとともにさりぬ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

風と共に去りぬ
かぜとともにさりぬ
Gone with the Wind
アメリカの女流作家 M.ミッチェルの小説。 1936年刊。ピュリッツァー賞受賞。南北戦争時代と戦後の再建時代のジョージアを背景に,美しい不屈の南部女性スカーレットオハラ荒廃の時代をたくましく生抜いていく姿を,気弱な理想主義者アシュレー・ウィルクスへの彼女のいちずな愛情や,物質主義的な行動家レット・バトラーとの愛欲図などをからませながら,抑制のきいた文体と精緻な時代描写によって描き出した歴史物語。出版後半年で 100万部,作者の生前に 40ヵ国で 800万部を売尽すという大ベストセラーとなり,39年映画化された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぜとともにさりぬ【風と共に去りぬ】
《原題Gone with the Wind》米国の女流小説家ミッチェル長編小説。1936年刊。南北戦争前後の変動著しい南部を舞台に、勝ち気なヒロイン、スカーレット=オハラの波瀾(はらん)に満ちた生き方を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

風と共に去りぬ
アメリカのポピュラー・ソング。作詞:ハーブ・マジソン、作曲:アリー・リューベル。原題《Gone With The Wind》。1937年の作品。マーガレット・ミッチェルの同名長編小説に触発されて作られたとされている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風と共に去りぬ
1939年製作のアメリカ映画。原題《Gone with the Wind》。マーガレット・ミッチェルの同名小説を原作とした、ロマンス映画の不朽の名作。監督:ビクター・フレミング、出演:クラーク・ゲーブル、ビビアン・リー、レスリー・ハワード、オリビア・デ・ハビランド、ハティ・マクダニエルほか。第12回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、主演女優賞(ビビアン・リー)、助演女優賞(ハティ・マクダニエル)、脚色賞、室内装置賞、撮影賞(カラー)、編集賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぜとともにさりぬ【風と共に去りぬ Gone with the Wind】
アメリカの女流作家マーガレット・ミッチェルMargaret Mitchell(1900‐49)の長編小説。1936年刊。南北戦争と戦後の再建期を背景に,ジョージア州の大農場主の娘で勝気なスカーレット・オハラを中心とした愛欲関係と激動する社会を,南部人の立場から描き,出版後1年で150万部という空前のベストセラーになり,37年ピュリッツァー賞受賞。1930年代という不況の時代にあって,華やかにそしてたくましく生きるスカーレットの姿が,多くのアメリカ人の共感を呼び,また日本をはじめ各国で翻訳された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かぜとともにさりぬ【風と共に去りぬ】
アメリカの女流作家マーガレット=ミッチェルの長編小説。1936年刊。南北戦争と戦後の急激に変化する南部を背景に、農場主の娘スカーレット=オハラの波瀾にみちた生活と恋愛を描く。
アメリカ映画。の映画化。ビクター=フレミング監督。1939年封切。テクニカラーによるカラー映画初期の記念碑的作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風と共に去りぬ
かぜとともにさりぬ
Gone with the Wind
アメリカの女流作家マーガレット・ミッチェルの長編小説。1936年刊。南部のジョージア州アトランタ郊外の大農園タラに生まれ育った魅力的で勝ち気なスカーレット・オハラは、愛するアシュレーがいとこのメラニーと結婚することを知り、アシュレーへのつらあてに、彼の妹と結婚するはずのメラニーの兄チャールズと強引に結婚する。やがて南北戦争の勃発(ぼっぱつ)で、夫チャールズは出征し戦死、アシュレーも従軍する。スカーレットはアトランタに移って、メラニーとともに看護婦として働くが、そのころ、南軍に物資を供給する、以前アシュレーとメラニーの婚約が発表されたパーティーで出会った、レット・バトラーと再会する。北軍のアトランタ進攻が始まり、彼女は臨月のメラニーを連れて逃げるためレットの助けを借りる。農園タラは母の死と父の精神錯乱のために荒れ果て、スカーレット自ら汗にまみれて働かねばならなかった。ついに南軍は敗れ、苦しい再建時代を迎えることになる。スカーレットは農園維持のため妹の恋人を誘惑して再婚するが、この夫も死亡し、やがて、時勢にのって活躍するレットと結ばれる。レットは、2人の間に生まれた娘の死後、スカーレットから離れていく。メラニーの死後、かつての恋人アシュレーに退けられたスカーレットは、そのとき、自分が愛していたのはレットその人だったと初めて気づく。
 虚栄心と愛と勝ち気な性格が織り成すヒロイン、スカーレットの人間像が、南北戦争という変動激しい時代を背景に生き生きと描かれ、世界中の読者を魅了した。発行部数は、アメリカでは1936年中に100万部を超えるベストセラーとなり、以来世界中で2000万部を超えるといわれる。[松山信直]

映画

アメリカの独立プロデューサー、デビッド・O・セルズニックは、発刊後ただちに映画化権をとり、1938年秋から撮影開始、1939年12月にテクニカラーの上映時間3時間40分の大作として公開した。監督としてはビクター・フレミングの名があげられているが、実際はジョージ・キューカーら数名の監督が関与しており、これはプロデューサー、セルズニックの作品といえよう。スカーレットにビビアン・リー、レット・バトラーにクラーク・ゲーブルが扮(ふん)した。公開翌春のアカデミー賞では作品賞をはじめ計9個のオスカーを獲得し、大ヒットした。日本公開は戦争のため1952年(昭和27)9月。以来テレビ放映も含めて、今日まで繰り返し上映されている。[畑 暉男]
『大久保康雄・竹内道之助訳『風と共に去りぬ』全5冊(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぜとともにさりぬ【風と共に去りぬ】
(原題Gone with the Wind) 長編小説。マーガレット=ミッチェル作。一九二六~三六年成立。南部から見た南北戦争と、没落した大農場主の娘スカーレット=オハラの愛情生活を、精細な時代背景とともに描いた大作。一九三七年ピューリッツァー賞を受賞。世界的ベストセラーとなる。一九三九年にビクター=フレミング監督、ビビアン=リー、クラーク=ゲーブル主演で映画化。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風と共に去りぬ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風と共に去りぬの関連情報

他サービスで検索

「風と共に去りぬ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation