@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風台風【かぜたいふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

風台風
かぜたいふう
typhoon with severe wind
雨による被害は比較的小さく,風による被害が大きい台風の俗称。雨台風同様,厳密な定義はなく,あくまで便宜的な区別。1954年9月24日から 27日にかけ,日本海に入って発達を続け広い範囲で暴風となり,九州から北海道にまで被害が及んだ台風15号は典型的な風台風である。特に函館港から出港した青函連絡船洞爺丸』が暴風と高波で遭難し,1100人以上が死亡した洞爺丸事故は大惨事となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぜたいふう【風台風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

風台風
かぜたいふう

気圧配置などの影響で、大雨による被害よりも甚大な風害を及ぼす台風。一般に夏の台風のときに多くみられるが、雨台風と明瞭(めいりょう)に区分けをする定義はなく、便宜的に使われている用語である。1954年(昭和29)の洞爺丸(とうやまる)台風、1991年(平成3)の台風第19号(青森県のリンゴ被害が甚大であったことから「リンゴ台風」とよばれることもある)は、代表的な風台風であった。

[饒村 曜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かぜ‐たいふう【風台風】
〘名〙 雨よりも風による影響のほうが強い台風をいう。だいたい日本の真夏に来る台風に多く、雨量が少ない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かぜ‐たいふう【風台風】
雨量が少なく、強風による影響のほうが大きい台風。→雨台風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風台風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風台風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation