@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風呂屋【フロヤ】

デジタル大辞泉

ふろ‐や【風呂屋】
湯銭を取って入浴させる浴場。また、それを業とする人。銭湯(せんとう)。湯屋。公衆浴場。
風呂桶など、風呂の設備や道具を売る店。
風呂桶を据えた部屋。浴室。湯殿。
「帰りて、―に入らせ給ひぬ」〈仮・仁勢物語・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふろや【風呂屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふろ‐や【風呂屋】
〘名〙
① 浴室。浴場。湯殿。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「コノ furoyano(フロヤノ) イリグチニ」
② 湯銭を取って入浴させる浴場。また、それを業とする人。銭湯。湯屋。公衆浴場。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 特に、江戸時代、湯女(ゆな)を抱えて、入浴客の垢をかかせる一方、売春をもさせた湯屋。湯女風呂。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「風呂屋の軒をかへるかりがね 行灯のひかりのどけき天のはら〈西鶴〉」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)四「其外茶屋、風呂屋、又は手かけ物、白人舞子さがし糸屋扇屋都に有程の女をせんさくして」
⑤ 風呂桶を売る店。
※幕令抜抄‐八・天保一三年(1842)四月一六日(古事類苑・産業二二)「風呂屋〈但し湯屋には無之候〉」
⑥ 江戸時代、普化宗(ふけしゅう)の末寺で、虚無僧が寺内で営む湯屋。これは普化宗二代目の祖が、寺中で風呂をたてて施したが、そのうち、志あるものから薪木料を申し受けたことに始まるという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風呂屋
ふろや

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風呂屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風呂屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation