@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風情【フウジョウ】

デジタル大辞泉

ふう‐じょう〔‐ジヤウ〕【風情】
ようす。けしき。ふぜい。
古人の―を学ばば」〈玲瓏随筆〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ぜい【風情】
[名]
風流・風雅の趣・味わい。情緒。「風情のある庭」
けはい。ようす。ありさま。「どことなく哀れな風情
能楽で、所作。しぐさ。
身だしなみ。
「人の―とて朝毎に髪結はするも」〈浮・一代男・三〉
[接尾]
人・人名・身分などを表す名詞、また、代名詞に付いて、卑しめる意やへりくだる意を表す。「私風情にはとても理解することができません」
名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、などの意を表す。
「箱―の物にしたため入れて」〈徒然・五四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐じょう ‥ジャウ【風情】
〘名〙 ようす。けしき。おもむき。ふぜい。
※随筆・玲瓏随筆(1859)一「古人の風情(フウジャウ)を学ばば、今人の目に宜しかるべからず」 〔江淹‐王倹為左僕射詔〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐ぜい【風情】
[1] 〘名〙
① 風流・風雅の趣や味わい。情趣。情調。また、それを解する心。
※菅家文草(900頃)一・戊子之歳、八月十五日夜陪月台「詩人遇境感何勝、秋気風情一種凝」
※俳諧・芭蕉句選拾遺(1756)僧専吟餞別之詞「此僧常に風情を好み市を避て」
② 事柄の内容の大体の方向。趣。流儀。
※平家(13C前)一「似るを友とかやの風情に、忠盛もすいたりければ、彼女房も優なりけり」
③ 様子。けはい。姿。態度。
※太平記(14C後)三八「倒るる処に土を爴む風情(セイ)をしたりけるよとて」
④ 能楽で、所作(しょさ)、しぐさのことをいう。
※風姿花伝(1400‐02頃)六「定めて言葉のままにふせいをせば、人体に似合はぬ所あるべし」
⑤ 身の回りを整えること。みだしなみ。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「脇あけの下人に風情をつくらるるもあり」
[2] 〘接尾〙
① 名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、…の類、などの意を添える。
※平家(13C前)一〇「長持三十枝に、葉金(はこがね)・染物・巻絹風情の物を入れてたてまつり給ふ」
② 名詞、特に人名、代名詞や人を表わす語に付いて、それをいやしめ、または、へりくだる意を添える。
※東寺百合文書‐ほ・正安二年(1300)八月一五日・伊勢大国荘雑掌申状案「かめわう丸風情にても候へ、下させおはしまし候べく候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風情の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation