@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風流【ふりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

風流
ふりゅう
趣向を凝らした作り物に発し,祭礼でのさまざまに飾り立てた作り物,これに伴う音楽,踊などをいう。「風流」の文字は古く「みやび」と訓じ,みやびやかなもの,風情に富んだものを味したが,平安時代には和歌や物語を意匠化した作り物をさすようになり,祭礼の際の傘,山,鉾などが風流と呼ばれ,これに付随した仮装の練り物,囃子踊りまでが含まれるようになった。延年大風流小風流演目があり,能楽にも狂言方の演じる狂言風流がある。特に田楽や疫病神の祭に伴う風流が流行してからは,山や鉾を飾り立て,子をはやし練歩く祭礼の風流が盛んとなり,室町時代末から近世初期にかけては小歌をうたって踊る群舞が各地で流行した。それらは今日まで特色ある民俗芸能として全国に伝承されている。 (→風流踊 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふう‐りゅう〔‐リウ〕【風流】
[名・形動]
上品な趣があること。みやびやかなこと。また、そのさま。風雅。「風流な庭」
世俗から離れて、詩歌・書画など趣味の道に遊ぶこと。「風流を解する」
ふりゅう(風流)2」に同じ。〈日葡
美しく飾ること。数奇(すき)をこらすこと。また、そのさま。
「御前に―の島形を居(すゑ)られたり」〈太平記・二四〉
風流韻事」の略。
「―のはじめや奥の田植歌」〈奥の細道
先人ののこしたよい流儀。遺風。
「倭歌の―、代々にあらたまり」〈常盤屋の句合・跋〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐りゅう〔‐リウ〕【風流】
上品で優雅なおもむきのあること。ふうりゅう。
中世芸能の一。華やかな衣装や仮装を身につけて、囃(はや)し物の伴奏で群舞したもの。のちには、華麗な山車(だし)の行列や、その周りでの踊りをもいう。民俗芸能の念仏踊り雨乞い踊り盆踊り獅子舞などの源である。ふうりゅう。
延年舞の演目。登場人物の問答のあと、歌舞となる。規模により、大風流と小風流とある。風流延年。能の「」の特殊演出。狂言方が担当。大勢の華やかな衣装の演者が出て寿を祝う。狂言風流。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふうりゅう【風流】
(1)中国でこの熟語の最も古い用例は漢初(前2世紀)の《淮南子(えなんじ)》に見え,風俗退廃を意味した。したがってそれは貶辞(へんじ)(人をおとしめ,さげすむことば)であったと思われる。しかしやや後には,風俗のなごり・遺風の意味の用法も見られる。(2)・晋時代(3~4世紀)には,ひとから仰ぎ慕われる風格人格の高さをさすようになる。そのころ〈風流の名士〉とよばれた一群の人は古来道徳や礼法を無視し,因襲を脱しようとした人びとであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふりゅう【風流】
華やかな趣向のある意匠をいう。〈風流(ふうりゆう)〉は,《万葉集》では〈みやび〉と訓じ,〈情け〉〈好き心〉などの意も含んでいたが,平安末期から中世にはもっぱら〈ふりゅう〉と読まれ,祭りの山車(だし)や物見車に施された華美な装飾,その警固者の奇抜な衣装,宴席に飾られた洲浜台(すはまだい)の趣向などを総称するようになった。これら貴族社会の風流は,しばしば朝廷から禁令が出るほどに華美なものであったが,南北朝期に入ると力をつけてきた町衆や地方の有力農民層にも浸透し,とくに彼らが担い手となった祭礼の芸能の中で大きく花開いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かざ‐ながれ【風流】
〘名〙 鷹狩りの時、放した鷹が風に吹き流されて、目標物からよそへそれてしまうこと。
※散木奇歌集(1128頃)恋「みかり野にかざながれするはし鷹の声にもつかぬうらみをぞする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐りゅう ‥リウ【風流】
〘名〙
① 先人の遺風。伝統。余沢。流風。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「糞掃衣・常乞食、是は上根の所行、又是西天の風流也」 〔後漢書‐王暢伝〕
② (形動) 上品で優美な趣のあること。優雅なおもむき。みやびやかなこと。また、そのさま。詩歌を作り、その趣を解し、あるいは趣味の道に遊んで世俗から離れることにもいう。風雅。文雅。
※万葉(8C後)六・一〇一一・題詞「風流意気之士儻有此集之中争発念心々和古体
※読本・昔話稲妻表紙(1806)一「其比義政公〈略〉花車(キャシャ)風流(フウリウ)を好み玉ひ」 〔晉書‐王献之伝〕
③ 美しく飾ること。数奇(すき)をこらすこと。意匠をこらすこと。華奢(きゃしゃ)。また、そのもの。
※御堂関白記‐寛弘七年(1010)閏二月六日「折櫃百合左衛門督調所、不金銀、只有風流
※梁塵秘抄口伝集(12C後)一四「京ちかきもの男女紫野社へふうりやうのあそびをして」
※亀田本下学集(室町中‐末)「風流 フウリウ 風情義也 日本俗呼拍子物風流」
※菅家文草(900頃)五・三月三日、同賦花時天似酔「書巴字而知地勢、思魏文以翫風流
※古今著聞集(1254)一九「かねての仰によりて、風流ならびにかずさしの具はとどめられけり」
⑦ 鷹(たか)の翼の一部分の名。→

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ‐りゅう ‥リウ【風流】
〘名〙
① (形動) =ふうりゅう(風流)
※能因集(1045頃)中「白河殿に、道済朝臣とふたりゆきて、ふりうをかしきさまよまむといひて」
② 祭礼の行列などで、服装や笠に施す華美な装飾。
※百練抄‐久寿元年(1154)四月「京中児女備風流調鼓笛、参紫野社
③ 芸能の一種。
(イ) 華麗な仮装をし、囃し物を伴って群舞した、中世の民間芸能。また、その囃し物。後には、趣向をこらした山車などや、それを取り巻いて踊ることをもいった。
※春のみやまぢ(1280)「まづふりう、馬長、次に本田楽、其後猿楽」 〔文明十七年本下学集(1485)〕
(ロ) 延年舞の演目の一群。大風流と小風流とがある。数人の人物の問答の後、神仏などが出て、歌舞となる。風流延年。
※勘仲記‐弘安元年(1278)五月七日「入夜有寺田楽。供僧房人結構之、有風流等、終夜延年結構」
(ハ) 能楽の「翁(式三番)」の特殊演出で狂言方の受持つ演目。華麗に着飾った役者が大勢登場し、寿福を祝うもの。狂言風流。
※わらんべ草(1660)一「付ふりうの事、当人の作意なり、是も作法あり」
(ニ) (「浮立(リフ)」とも書く) 郷土芸能の一種。佐賀・長崎・福岡の三県に分布する。鬼面の者や仮装の者が鉦・太鼓・笛などの囃子で踊る。ふりゅうまつり。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

風流
ふりゅう
古代末期〜近世初期に流行した拍子 (はやし) 物の一つ
芸能としての風流は和漢故事を仕組んだミュージカル風のものと考えられ,元来ははなやかな風情ある「作り物」,祭礼の「練りもの」(のちの山車 (だし) )であったが,やがて「拍子物」として,手振り・踊りを伴った。寺院の遊宴歌舞であった延年の舞にとり入れられ,能楽の形成に大きな役割をもつ。安土桃山時代の念仏踊もこの一種で,歌舞伎成立に影響を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation