@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風穴【カザアナ】

デジタル大辞泉

かざ‐あな【風穴】
風が吹き通る穴やすきま。障子の破れ穴など。
通風・換気のために壁や窓にあけた穴。かざぬき。
山腹などにある大きな奥深い。夏、冷が吹き出る。ふうけつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐けつ【風穴】
山腹・渓間などにあって、夏季に冷たい風を吹き出す洞穴溶岩トンネルの大きなもので、洞内の温度差による対流によって風を生じる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

風穴
全国に約300カ所あるとされる。福山市立大の沢田結基(ゆうき)准教授によると、一般の風穴の仕組みは、冬に穴の内外の温度差で空気が対流して穴の斜面隙間が冷やされ、そこで雨水などがになり、夏に冷やされた空気が吹き出すと考えられている。
(2015-08-25 朝日新聞 朝刊 島根・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ふうけつ【風穴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

風穴
ふうけつ

山腹にあいている深くて長い横穴で、溶岩チューブ、溶岩洞ともいう。普通は火山の溶岩トンネルをさすが、鍾乳洞(しょうにゅうどう)をさしていう場合もある。火山の溶岩が流出するときに表面は早く冷えて固まるが、溶岩の内部はまだ高温で溶融状態にあるために流動を続け、その抜けた部分が空洞となって残る。富士山麓(さんろく)には溶岩トンネルによって生じた風穴が各所にあり、現在では観光名所となっている。風穴の中は夏でも外気に比べて気温が低く、氷ができていることがあり、冷たい空気が吹き出す。

[髙山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かざ‐あな【風穴】
〘名〙
① 空気を通すために、壁などにつけた穴。風抜きの穴。通風口。
※俳諧・毛吹草(1638)六「寒き夜の風穴(カザアナ)ふさぐ置火哉〈忠也〉」
② 山腹などに発見される熔岩トンネルなどの奥深い穴。夏は涼風が吹き出る。地学では、「ふうけつ」という。
※随筆・諸国里人談(1743)五「岩窟あり。深さ量なし。常に烈風あり。よって風穴と号す」
③ 風の吹き通すすきまや、やぶれ穴。
※俳諧・口真似草(1656)第八「風(カザ)穴ふさぎ寒さふせがん 尺八とりてこたつの火吹竹〈梅盛〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふう‐けつ【風穴】
〘名〙
① 昔、中国で、北方にあって寒風を発生すると想像された土地。
※本朝文粋(1060頃)九・於鴻臚館餞北客詩序〈大江朝綱〉「梯山航海。凌風穴之煙嵐
② 溶岩トンネルの大きなもの。夏は涼しく、氷の保存などに利用されることがある。かざあな。風洞。〔日本風景論(1894)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風穴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風穴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation