@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風葬【ふうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

風葬
ふうそう
corps exposure
,あるいは空葬ともいう。死体を埋葬せず,衣類を着せたまま,に入れたり小屋を造ったりして,外気中にさらしておく葬法樹上葬や,洞窟葬も風葬である。風葬はしばしば風化した遺骨葬するという二重の処置を行う複葬の形式をとる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふう‐そう〔‐サウ〕【風葬】
死体を地中に埋めずに樹上や地上にさらし、風化させる葬法。曝葬(ばくそう)。
[補説]書名別項。→風葬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふうそう【風葬】[書名]
半田義之短編小説、および同作を表題作とする作品集。作品集は昭和21年(1946)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

風葬
北方謙三の長編ハードボイルド小説。1989年刊行。老犬シリーズの第2作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふうそう【風葬】
死体を洞窟内や森林野原山上などに放置し,自然の腐敗過程にまかせ,あるいは野鳥や野獣が食いつくすままにして処理する葬法。棺を用いない場合は死体放棄による葬法ともいいうる。エスキモーの一部,シベリアに住む若干の民族などの採集狩猟民チベット族や一部のモンゴル族,東アフリカのマサイ族などの牧畜民のあいだで行われている。日本では沖縄の先島諸島の風葬が有名であるが,かつては沖縄本島にも広く見られた。宮古島の例では,畑のなかに石で囲いを作り,そのなかに棺を置き,上に草やござをかけていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふうそう【風葬】
スル
遺体を埋めないで空気に曝さらし、自然に風化させる葬法。曝葬ばくそう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

風葬
ふうそう
死体を埋葬せずにさらす葬法。曝葬(ばくそう)、空葬という言い方もある。死体を置く方法によって、樹葬、台上葬、洞窟葬(どうくつそう)などの区別ができる。これらの葬法は北アジア、東南アジア、メラネシア、オーストラリア、南北アメリカなど多くの地域でみられる。樹葬は、樹上葬ともいい、死体を木の頂やまたのところに置く葬法で、台上葬は死体を台架の上に置いて風化させる葬法、洞窟葬は洞窟の中に死体を納める葬法である。
 日本では、沖縄をはじめ南島諸地域には風葬が広がっていたことが知られている。この地域の風葬には2種類あって、このうちの一つは、天然の洞窟や墓地の叢林(そうりん)などの中になきがらを置いて風化するに任せ、法事をしたり、仏壇や位牌(いはい)をつくるといったようなことをしないやり方である。もう一つは、まず死体を一定期間大気にさらして風化させ、そのあと改めて遺骨だけを集めて、故人が産湯を使った井戸の水とか泡盛(あわもり)酒などで洗骨を行い、その遺骨を墓に葬るという複葬の形式をとるものである。風葬のみの場合の例をあげると、奄美(あまみ)大島では最近まで死者をグショヤマという叢地に風葬していたという。宮古島では、畑の中に石を築き上げてその中に棺を入れ、その上には草や茣蓙(ござ)などをかける。宮古列島の離島である池間(いけま)島、伊良部(いらぶ)島、来間(くりま)島の諸島でも、畑の中に棺を置いて石や草をかぶせ、風化するのに任せる共同墓地が多かった。石垣島では、1907年(明治40)ごろ、長方形の石垣の囲いの中に棺を納めて蓆(むしろ)をかぶせ、竹竿(たけざお)で縦横を押さえて上に石を置くヌーヤとよばれる墓地がつくられていた記録がある。風葬はまた、沖縄本島の離島である久高(くだか)島でも大正ごろまでみられ、水辺の叢林の陰に棺を置いていた。沖永良部(おきのえらぶ)島では、モヤという小屋の中に棺を置き、親子兄弟はモヤに行っては何度も棺を開いて死者の顔を見る風習があった。津堅(つけん)島でも明治時代まで、後生山という藪(やぶ)の中に遺骸(いがい)を蓆に包んでほうっておく風習があって、家族や親戚(しんせき)、友人が毎日死者を訪れて顔をのぞいたという。これらの風葬は、沖縄地方のもう一つの風葬、すなわち洗骨を伴う風葬と無関係ではないと考えられる。つまり、洗骨と改葬を伴わない単葬形式ではあるが、実は複葬形式の第一段階、あるいは、南島諸地域のなかでもとくに文化的中心地から離れた地域における一形式であったろうと考えられるのである。[清水 純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐そう ‥サウ【風葬】
〘名〙 遺体をむしろに包んだり棺に納めたりして地上に置き、風化を待つ葬法。日本では沖縄や奄美群島にみられる。火葬に付した灰を風に飛ばす葬法をもいう。曝葬。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉墳墓廃止論の実行「死屍は須らく風葬(フウサウ)処分に附すべき事を主張する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風葬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風葬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation