@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風雅【フウガ】

デジタル大辞泉

ふう‐が【風雅】
[名・形動]
高尚で、みやびな趣のあること。また、そのさま。「風雅な住まい」
詩文・書画・茶道などのたしなみのあること。「風雅の心得」
蕉門で、俳諧のこと。また、その美の本質
「予が―は夏炉冬扇のごとし。衆にさかひて用ゐる所なし」〈風俗文選柴門辞
詩経」の六義(りくぎ)のうちの。また、「詩経」の国風の大雅小雅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふうが【風雅】
中国の《詩経》の分類にいう六義(りくぎ)(風,,雅,頌)のうちの〈風〉と〈雅〉。中国では,その風,雅をもって《詩経》の詩全体を代表させることが多く,しだいに詩歌文章の道,芸術全般をも〈風雅〉と呼ぶようになった。さらに転じて,風流で上品なこと,低俗でなくみやびやかなこと,またそのさまをもいうようになった。日本でも《風雅和歌集》の序文中に,広く詩文和歌の意味に用いられ,以後芸術全般を意味する言葉として用いられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふう‐が【風雅】
〘名〙
① 「詩経」の国風と小雅・大雅。また、「詩経」の六義のうちの風と雅。
※南海詩訣(1787)詩法雅俗弁「大凡詩を作るは風雅を本とす」 〔仲長統‐述志詩〕
② 詩歌・文章の道。文芸。詞章。また、芸術一般をいう。
※性霊集‐序(835頃)「比興争宣気質衝揚、風雅勧戒煥乎可観」 〔梁昭明太子‐文選序〕
③ 特に、芭蕉および蕉門で、俳諧一般のことをいう。また、その美的境地をもいう。
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「しかも風雅におけるもの、造化にしたがひて四時を友とす」
④ (形動) 風流で上品なこと。低俗でなくみやびやかなこと。また、そのさま。風流。文雅。
※雑俳・万歳烏帽子付合大全(1703)「打死の髪に蘭奢は武の風雅」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風雅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風雅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation