@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

風馬牛【フウバギュウ】

デジタル大辞泉

ふう‐ばぎゅう〔‐バギウ〕【風馬牛】
[名](スル)《「春秋左伝」僖公四年の「風馬(あい)及ばず」から。「」は発情して雌雄が相手を求める意》
馬や牛の雌雄が、互いに慕い合っても会うことができないほど遠く隔たっていること。
互いに無関係であること。また、そういう態度をとること。
「冷然として古今帝王の権威を―し得るものは」〈漱石草枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふう‐ばぎゅう ‥バギウ【風馬牛】
〘名〙
① (「風」は、さかりがついて雌雄が呼び合うの意。「春秋左伝‐僖公四年」の「君処北海、寡人処南海、唯是風馬牛不相及也、不虞君之渉吾地也」から) 互いに慕い合ってはるか遠方にまで逸走する牛馬の雌雄でさえも会うことのできないほど、両地が遠く離れていること。転じて、慕い合うもの同士が、双方の土地が遠く隔たっていて会えないことのたとえ。
※随得集(1388頃)人間万事不如休「人間万事不休、交友多同風馬牛」
② (━する) 転じて、自分とは何の関係もないこと。互いに無関係なこと。また、そのような態度をとること。
※蔭凉軒日録‐延徳三年(1491)一二月一四日「雖王老暖寒会、不亦風馬牛乎」 〔陸游‐春愁詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

風馬牛
無関係なことのたとえ。また、無関心なことのたとえ。

[使用例] 夫の苦悶煩悶には全く風馬牛で、子供さえ満足に育てればいという自分の細君に対すると、どうしても孤独を叫ばざるを得なかった[田山花袋蒲団|1907]

[由来] 「春秋左氏伝こう四年」に出て来るエピソードから。紀元前六五六年、春秋時代の中国で、北の方にあるせいという国が、南の方にあるという国に攻め込もうとしたことがありました。このとき、楚の王は、斉へ使者を派遣して、こう言わせました。「あなたの国は北海にあり、私は南海におります。その関係は、『ふうする馬牛もあい及ばざるなり(いくら盛りがついていても、馬と牛とはお互いを求め合わないのと同じようなものです)』。どうして我が国まで攻めて来ようとなさるのですか」。しかし、説得甲斐もなく、斉は楚に戦いを仕掛けたので、楚はやむなく、斉が主宰する同盟に入ることになりました。ただし、「風する馬牛も相及ばざるなり」を、お互いに求め合う馬や牛でも近づけ合えないほど離れている、と解釈するもあります。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風馬牛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

風馬牛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation