@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛び込み【とびこみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛び込み
とびこみ
diving
一定のさの踏み切りからプールに飛び込む際の技と美を競う競技広義には水泳競技の一つとされる。飛び板飛び込み高飛び込みの2種類がある。 19世紀初め体操とともにドイツ発達,競技化され,1886年に最初の選手権大会が開催された。その後スウェーデンに伝えられて高飛び込みが発達,さらにイギリスアメリカ合衆国に伝えられて盛んとなった。オリンピック競技大会では 1904年セントルイス大会で「ファンシーダイビング」として初めて競技種目に加えられ,次のロンドン大会から飛び飛び込みと高飛び込みの両種目が行なわれるようになった。 2000年シドニー大会からは,2人が同時に演技するシンクロナイズドダイビングも新種目として加わった。日本では 1917年東京 YMCA室内プールに飛び板が,1925年東京玉川プールに高飛び込み台と飛び板が設置され,本格的に競技が行なわれるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

飛び込み
「板飛び込み」、「高飛び込み」の2種がある。板飛び込みは、弾力性がある飛び板を使う。五輪は高さ3メートル。高飛び込みは、弾力がない固定された台から飛び込む。五輪は高さ10メートル。開始の姿勢、踏み切り、空中演技、入水姿勢などが採点基準。個人競技の他に2人1組のシンクロもある。
(2016-01-03 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

飛び込み」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛び込みの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation