@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛脚船【ヒキャクブネ】

デジタル大辞泉

ひきゃく‐ぶね【飛脚船】
江戸時代、主要な港湾にあって官民を問わず急ぎのに応じた小船。ひきゃくせん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひきゃくぶね【飛脚船】
江戸時代、主要な港湾・浦々にあって公用・私用の別を問わず、臨時の急需を果たしていた足の速い便船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひきゃく‐せん【飛脚船】
〘名〙
② 郵便物・貨物・旅客を積載して、定期航海する船。郵便船。郵船。
※海外新聞‐一号・元治二年(1865)三月一三日「イギリス飛脚船此港に入りしを以て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひきゃく‐ぶね【飛脚船】
〘名〙 政治、軍事、商売をはじめ急ぎの連絡のため、日和や風向きにかまわず急行する小船。江戸時代ではこれを専門にする小船が主要港湾にあって、官民を問わず急ぎの用に応じたが、特に日数を限って運航するものを日切(ひぎり)といった。飛脚。飛脚小早。
※俳諧・猿蓑(1691)三「初潮や鳴門の浪の飛脚舟〈凡兆〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛脚船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛脚船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation