@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛蝗・蝗【ばった】

精選版 日本国語大辞典

ばった【飛蝗・蝗】
〘名〙 バッタ(直翅)目バッタ科に属する昆虫の総称。体は一般に細長い円筒形で、二対のはねと三対のあしを備える。前ばねは革質であるが後ろばねは薄くて飛行に適し、扇形に広がる。著しく発達した後肢でよく跳躍し、多くははねと後肢をすり合わせて音をたてる。頭頂に短い触角、一対の複眼と三個の単眼をもち、雌は腹端に短い産卵器をもつ。大部分の種類は土中に産卵し、幼虫は不完全変態をして成虫となる。幼虫・成虫ともに草食性で、イネ科植物の害虫となるものが多い。特に、大群をなして移動する飛蝗(ひこう)は農作物に大害を与える。トノサマバッタ・ショウリョウバッタ・クルマバッタ・イナゴなど日本には二四種が分布する。《季・秋》
※浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)下「ばった草葉に置く霜の」
[補注]ショウリョウバッタをいうハタハタの変化した語か。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛蝗・蝗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛蝗・蝗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation