@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛行記録集積装置【ひこうきろくしゅうせきそうち】

日本大百科全書(ニッポニカ)

飛行記録集積装置
ひこうきろくしゅうせきそうち

航空機の運航中の諸データを記録する装置。AIDS(aircraft integrated data systemの略称)といわれる。機上、地上の二つのシステムで構成された総合的データ解析システムである。機上システムは機内に装備された感知器から送られたデータを、一定のデジタル信号に変換して連続的にカセット・テープに記録する。記録はただちにコンピュータ処理してプリント・アウトすることができるが、機上ではコンピュータの能力の関係もあり、即時に解析、処理されるデータはごく一部に限られる。一方、地上システムは飛行中に集積された記録を地上の大型コンピュータにかけて整理し、故障の早期発見、性能劣化の状況の把握を行い、ますます複雑で高価になっていく航空機の、運航の効率や整備の能率の向上を図るのに用いられる。民間輸送機に搭載が義務づけられているフライトレコーダーflight data recorderと似ているが、これが事故原因の究明のために用いられるのに対し、AIDSは単に飛行データを収集し記録するだけで、目的はまったく異なっている。集積するデータはAIDSがはるかに多いが、耐熱、耐衝撃性への対策はそれほどなされていない。集録するデータのおもなものは、速度、高度、機首方位、ピッチ・ロール・ヨー角、風速、風向、マッハ数、舵角(だかく)および操縦桿(かん)などの位置関係、自動操縦装置操作およびINS(慣性航法システム)のデータ、排気ガス温度、推力設定値、油温、油圧、回転数、振動、そのほか燃料、空調、着陸装置等のシステム関係、および補助動力装置関係のデータ等、約120種類、380項目にも上る膨大なものである。

[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛行記録集積装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛行記録集積装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation