@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛行【ヒギョウ】

デジタル大辞泉

ひ‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【飛行】
[名](スル)仏語。六神通(じんずう)の一つである神足通(じんそくつう)。空中を自由自在にかけめぐること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐こう〔‐カウ〕【飛行】
[名](スル)
空中を飛んでいくこと。「山岳地帯の上空を飛行する」「太平洋横断飛行
ひぎょう(飛行)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひこう【飛行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ひ‐ぎょう ‥ギャウ【飛行】
〘名〙
① 仏語。五神通の一つである神足通の通力の現われとして、空を自在に飛ぶこと。
※存覚法語(1356)「人間の果報にも金輪・銀輪、飛行の至尊はまうすにおよばず」 〔大智度論‐五〕
② 空中を飛んで行くこと。飛び去ること。また、あちこちと飛び歩くこと。ひこう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 所領や財物などを剥奪、没収されること。
※葉黄記‐宝治二年(1248)閏一一月一日「山田庄飛行」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐こう ‥カウ【飛行】
〘名〙
① 空中を飛んでゆくこと。
※吾妻鏡‐嘉祿元年(1225)八月二日「千鳥飛行、驚有御沙汰御占
※紅毛雑話(1787)一「空中を飛行するさまを画たり」 〔列仙伝‐主柱〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation