@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛香舎【ひぎょうしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛香舎
ひぎょうしゃ
平安京内裏 (だいり) 五舎の一つ。「ひぎょうさ」「ひこうしゃ」とも読み,が植えられていたため藤壺ともいう。女御の住居であるとともに,女御入内のが行われたことで名高く,内裏五舎のうちこの建物だけは現在京都御所内に保存されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひぎょう‐しゃ〔ヒギヤウ‐〕【飛香舎】
平安京内裏五舎の一。清涼殿の西北方にあり、中宮女御(にょうご)の住まい。庭に藤を植えてあったので藤壺(ふじつぼ)ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひぎょうしゃ【飛香舎】
平安宮の内裏五舎(飛香,凝花,襲昭陽,淑景の五舎)の一舎。〈ひこうしゃ〉〈ひぎょうさ〉ともいい,庭に藤を植えたので藤壺(ふじつぼ)とも称する。内裏の西北部で,凝花舎の南,弘徽殿(こきでん)の西に位置する。東西棟で,《拾芥抄》は桁行5間,梁行2間の身舎(もや)の四面に(ひさし)を付けると記すが,《大内裏図考証》は,12世紀の中山忠親の日記《山槐記》に基づき,5間・2間の身舎に四面廂と東・西・北の3面に孫廂を付ける建物に復元する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひこうしゃ【飛香舎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ひぎょう‐しゃ ヒギャウ‥【飛香舎】
[一] 平安京内裏の諸舎の一つ。弘徽殿の西、後涼殿の北、凝華舎の南にあって、中宮・女御などが居住した。庭に藤樹があって藤壺とも呼ばれる。〔西宮記(史籍集覧所収)(969頃)〕
[二] 京都御所の北部中央にある建物。朔平門の西南、皇后宮御殿の北にあたる。寛政の内裏造営のさいに、飛香舎代としてはじめて復興した。現在の建物は安政の再建。庭に藤を植えている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛香舎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛香舎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation