@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛騨川【ひだがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛騨川
ひだがわ
岐阜県の中央部を流れる川。全長 137km。乗鞍岳 (3026m) 西麓を発し,ほぼ南西流して,美濃加茂市付近で木曾川に合流する。河川法では飛騨川の呼称が用いられるが,金山付近から上流益田川ともいう。中,下流部では,石英斑岩,秩父古生層を浸食して峡谷を形成,中山七里飛水峡などの景勝地がある。全流程の各所にダムが建設されて,水力発電が行われる。下呂付近より下流は飛騨木曾川国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひだ‐がわ〔‐がは〕【飛騨川】
岐阜・長野県境の乗鞍岳の南斜面に源を発し、西流ののち南流して、美濃加茂市で木曽川に注ぐ川。上流は下呂市まで益田川(ましたがわ)ともいう。長さ約137キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飛騨川
ひだがわ
岐阜・長野県境の乗鞍岳(のりくらだけ)の南麓(なんろく)を水源とし、岐阜県高山市東部、下呂(げろ)市、加茂郡などを集水域とし、美濃加茂(みのかも)市で木曽(きそ)川に合流する川。下呂市金山(かなやま)町までは益田(ました)川ともよばれる。延長約137キロメートル。地形的に難所も多いが、水力発電をはじめ多目的のダム建設によく利用され、中山七里(なかやましちり)、飛水峡(ひすいきょう)などの景勝地もあり、飛騨木曽川国定公園に指定されている。支流を含め、アユ、イワナ、アマゴなどの釣りが盛んである。上流山地は木曽ヒノキなどの産地。[上島正徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛騨川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛騨川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation