@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛騨春慶【ヒダシュンケイ】

デジタル大辞泉

ひだ‐しゅんけい【飛×騨春慶】
岐阜県高山市から産する黄褐色または赤褐色春慶塗。慶長年間(1596~1615)高山城主の長男で茶人の金森宗和塗師に命じて作らせたのが始まりという。飛騨春慶塗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

飛騨春慶
岐阜県高山市などの飛騨地方で生産される伝統的な工芸品。黄褐色または赤褐色で、木目が見えるように仕上げた春慶塗のや家具類。国指定伝統的工芸品、かつ地域団体商標

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

飛騨春慶[漆工]
ひだしゅんけい
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
飛騨で生産される春慶塗りの額縁・小たんす・収納用の箱・食器類・・ぜん・はし・はし箱・花瓶・おしぼり受け。江戸時代初期、大工棟梁・高橋喜左衛門が、たまたま打ち割ったに美しい木目を発見して盆をつくった。その盆を透き漆で塗ったものが飛騨春慶の始まり。板物・曲物・挽物がつくられ、板物や曲物には針葉樹、割目・批目細工には椹、挽物には広葉樹を素材として使う。1975(昭和50)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年3月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5030584号。地域団体商標の権利者は、飛騨春慶連合協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛騨春慶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛騨春慶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation