@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛騨木曽川国定公園【ヒダキソガワコクテイコウエン】

デジタル大辞泉

ひだきそがわ‐こくていこうえん〔ひだきそがはコクテイコウヱン〕【飛騨木曽川国定公園】
岐阜県と愛知県にまたがり、飛騨川木曽川を中心とする国定公園下呂(げろ)温泉中山七里日本ライン犬山城明治村などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔岐阜県(愛知県)〕飛騨木曽川国定公園(ひだきそがわこくていこうえん)

岐阜・愛知両県にまたがる国定公園。木曽川と飛騨川の流域・河岸を中心とする。面積1万8074ha。1964年(昭和39)指定。1970年(昭和45)に愛知県犬山(いぬやま)市の入鹿池(いるかいけ)地区を追加指定。両河川の渓谷・急流・奇岩怪石などの自然景観に優れる。周辺は日本有数のスギ・ヒノキ産地。日本ラインといわれる木曽川の急流下りが有名。付近には犬山(いぬやま)城・日本モンキーパーク・明治村などがある。飛騨川流域の中山七里(なかやましちり)・飛水(ひすい)峡や下呂(げろ)温泉なども観光名所。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飛騨木曽川国定公園
ひだきそがわこくていこうえん
岐阜県中部から愛知県北部に及ぶ、飛騨川とその本流の木曽川とにまたがる沿岸一帯の渓谷美を中心とした国定公園。1964年(昭和39)に指定され、さらに1970年入鹿(いるか)池地区が追加された。その面積は180.74平方キロメートルに達する。またその範囲は、飛騨川沿いの下呂(げろ)温泉から下流部と、木曽川筋の深沢峡から各務原(かかみがはら)市鵜沼(うぬま)および犬山市の犬山などにかけての総延長85キロメートルに及ぶ。
 おもな名勝地は、飛騨川沿いでは下呂温泉、中山七里、藤倉峡、白川温泉、飛水(ひすい)峡など、木曽川筋では深沢峡、丸山蘇水(そすい)湖、蘇水峡、日本ライン、犬山城などで、犬山の南東の入鹿池、明治村も有名である。これらの主要コースの延長線上には、高山・奥飛騨温泉郷、白川郷、蛭ヶ野(ひるがの)高原、郡上八幡(ぐじょうはちまん)、岐阜市など、一連の観光・行楽空間が展開し、千変万化する四季の景観や伝統行事などは、人々の心を強くひきつけている。[上島正徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛騨木曽川国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛騨木曽川国定公園の関連情報

他サービスで検索

「飛騨木曽川国定公園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation