@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛騨紅かぶ

デジタル大辞泉プラス

飛騨紅かぶ
岐阜県高山市で生産されるカブ表皮は赤く、中は白い。来歴不詳だが栽培歴史古く室町時代に伝播してきたともいわれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

飛騨紅かぶ[根菜・土物類]
ひだべにかぶ
東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に高山市・飛騨市で生産されている。古くから赤紫色の丸かぶである八賀かぶの産地であったが、1918(大正7)年に発見された突然変異の紅色かぶから飛騨紅かぶが生まれた。の冷涼な気候によりやわらかく肥大し、赤かぶ漬けの原料として利用される。飛騨・美濃伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛騨紅かぶ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛騨紅かぶの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation