@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛鳥井家【あすかいけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飛鳥井家
あすかいけ
藤原師実の子孫雅経をとする公家。雅経は藤原定家に和歌を学び,定家らとともに元久2 (1205) 年『新古今和歌集』を撰し,家集『明日香井集』を著わした。また蹴鞠にもすぐれ,歌鞠二道を子孫に伝えた。その孫雅有は,『続後撰集』の撰者の一人であり,その曾孫雅縁も歌人として有名。その子雅世は後花園天皇の勅命により永享 11 (1439) 年『新続古今和歌集』を撰した。その子雅親 (法名栄雅) は歌の判者として知られ,足利義政のために『古今栄雅抄』などを著わし,また家集『亜槐和歌集』がある。雅親は書道にもすぐれ,飛鳥井流を開いた。その弟雅康も歌,書二道に長じ,二楽流を創始した。子孫相次いで和歌,蹴鞠の家として朝廷仕え,明治にいたり伯爵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あすかいけ【飛鳥井家】
藤原氏北家の流れ。難波家支流。家格は羽林(うりん)家。平安末難波家の祖忠教の子頼輔は蹴鞠一道の祖といわれたが,その孫にあたる飛鳥井家の祖参議雅経(まさつね)(1170‐1221)も蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す。また雅経は藤原俊成に歌道を学び,《新古今集》の撰者の一人になるなど和歌にもすぐれ,飛鳥井家が蹴鞠,和歌両道の家として繁栄する礎を築いた。室町時代には権中納言雅世,権大納言雅親(1417‐90)父子が歌道の発展に尽くし,雅世は《新続古今集》の撰者となり,雅親も《飛鳥井家式法》《和歌道しるべ》《和歌入学抄》などを著した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飛鳥井家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛鳥井家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation