@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飛鳥京跡苑池【あすかきょうあとえんち】

国指定史跡ガイド

あすかきょうあとえんち【飛鳥京跡苑池】

奈良県高市郡明日香村村岡にある苑遺構。飛鳥川右岸の河岸段丘上に立地し、国の史跡である伝飛鳥板蓋宮跡の西北に接する。1916年(大正5)、この付近から「出水の酒船石」と呼ばれる石造物が2基出土しており、1999年(平成11)からその出土地点付近から北方にかけて発掘調査を実施した結果、幅約5mの陸橋状の渡堤をはさみ、周囲に石積みの護岸をめぐらせた南北2つの池と北に延びる排水路からなる飛鳥時代の苑池遺構が検出された。この2つの池は、それぞれ形態や構造、意匠を異にしている。南池が少なくとも3つの石造物を有し、断面が皿状になる石貼りの浅い池で、中島や島状の石積みをもつなど観賞用という色彩が強いのに対して、北池は底が深く、底面も平らであるなど実用的な性格が強いものとなっている。とくに南池は庭園全体がわかる最古のもので、位置的にみても、すぐ東側にあった歴代の宮殿と密接に結びついた施設であると考えられている。この苑池は飛鳥時代の政治や文化、わが国における庭園の変遷を知るうえで重要であるとされ、2003年(平成15)に国の史跡および名勝に指定された。近畿日本鉄道橿原線ほか橿原神宮前駅からコミュニティバス「岡天理教前」下車、徒歩約5分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日新聞掲載「キーワード」

飛鳥京跡苑池
7世紀中ごろ、斉明天皇王宮後飛鳥岡本宮中枢に隣接した場所に造営したとされる国内初の本格的な宮廷庭園跡。南北280メートル、東西100メートルにわたり、南北二つの池や水路、建物などが出土している。
(2019-10-02 朝日新聞 夕刊 大文化2)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

飛鳥京跡苑池」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飛鳥京跡苑池の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation