@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

食べ物がたどる経路

からだと病気のしくみ図鑑

食べ物がたどる経路

口から始まる消化管は、1本の経路でつながっています。経路途中の各臓器で消化・吸収を繰り返し、最後にはからだに不要となったものを肛門から排出します。


●食べ物を消化・吸収する臓器
消化器は、食べ物の消化と吸収にかかわる臓器総称です。
消化とは、食べ物に含まれる栄養素を、吸収できる形まで胃液胆汁などの消化液を使って分解するはたらきをいいます。一方、吸収とは、分解された栄養素を全身へ送るために、血液やリンパ液に取り込むはたらきのことです。
消化器には、食べ物の経路となる食道や胃、小腸大腸などの消化管のほか、肝臓や胆のう、すい臓といった臓器が含まれます。
肝臓は、胆汁の生成をはじめ、有害物質の無毒化、また、糖質たんぱく質、脂肪などの栄養素の分解や再合成などをつかさどっています。
胆のうは、脂っこいものを食べたときに肝臓でつくられた胆汁を十二指腸へ分泌します。
すい臓は、すい液を分泌して、腸内の塩酸を中和したり、たんぱく質や糖質、脂質の消化吸収を促しています。
これらの臓器すべてが連携することによって、食べ物の消化・吸収がスムーズに行われます。

出典:法研「からだと病気のしくみ図鑑」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食べ物がたどる経路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食べ物がたどる経路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation