@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

食傷【ショクショウ】

デジタル大辞泉

しょく‐しょう〔‐シヤウ〕【食傷】
[名](スル)
同じ食べ物が続いて食べ飽きること。「いくら好物でも、こう続いては食傷してしまう」
同じことに何度も接し、飽き飽きして嫌になること。「この種の議論には食傷している」
食あたりを起こすこと。
「野猪(ワイルドボウア)をくって―をしたと書いてあるじゃアないか」〈逍遥当世書生気質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくしょう【食傷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しょく‐しょう ‥シャウ【食傷】
〘名〙
① 食中毒。しょくあたり。
※医学天正記(1607)坤「食傷 一、今上皇帝、御食傷、瀉利吐逆」
② 同じ食べ物がつづいて食べ飽きること。また比喩的に、同じような物事に接することが多くて、飽きていやになること。
※雑俳・柳多留‐九六(1827)「邯鄲の里にすむ獏喰しょふし」
※青年と死と(1914)〈芥川龍之介〉「一年前までは唯一実在だの最高善だのと云ふ語に食傷(ショクシャウ)してゐたのだから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食傷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食傷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation