@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

食糧【しょくりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

食糧
しょくりょう
food
食用に供される穀物,食肉などの総称。最も大量で重要なものは穀類で,栄養素としてみた場合,熱量素 (炭水化物,脂肪,蛋白質など) としても保全素 (蛋白質,無機質,ビタミンなど) としても8割近くを穀類に依存している。次に根菜類,砂糖,豆類,油脂用種子,果実であり,第3に食肉,家禽,酪農製品,魚類の順である。第2次世界大戦後,食糧不足が世界的に切実な問題となり,1946~47年に各国が各種の増産策を打出してその打開に努めた結果,55年には世界全体の食糧生産は戦前の水準を 20%上回るにいたった。しかしこれで食糧問題が解決したわけではなく,アフリカを中心とする開発途上地域では人口増加に比して生産が伸びず,食糧不足が依然深刻である反面,アメリカやその他若干の国々では穀物などの余剰食糧問題に当面するなど,地域的格差が激しく,この点の調整が中心論点となっていた。加えて 80年代に入り,人口の増加率が急激な伸びを示し (年間1億人増) ,これに対し食糧生産量の増加率は鈍化している。また,一部の先進国を除き食糧自給率は低下傾向にあり,今後は発展途上国を含め,食糧需要が増加していくことは必至であり,局地的な問題から全世界的視野での対策が急務とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょく‐りょう〔‐リヤウ〕【食糧】
食用とする物。食物。糧食。特に、米・などの主食物をさす。「三日分の食糧」「食糧援助」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくりょう【食糧】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょくりょう【食糧】
食べ物。特に、主食とする米や麦。糧食。 -難 同音語の食料は食べ物のことを一般的にいうが、それに対して食糧は特に主食とする米や麦のことをいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

食糧
しょくりょう
食品の材料となる食べられるものすべてをさす。主として食の資源的な意味をもち、穀物などエネルギー源となるものを意味することが多い。食品や食料が、個々の分類された直接食べることのできるものをさすのに対し、食糧は広範囲に食品をとらえたものである。たとえば、家畜は食糧であるが、肉は食品である。[河野友美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょく‐りょう ‥リャウ【食糧】
〘名〙 食用とするかて。食物。特に、旅や戦争などに携帯する米、麦などの主食をさす。糧食。糧秣(りょうまつ)
※続日本紀‐天平四年(732)五月乙丑「対馬嶋司。例給年粮。秩満之日。頓停常粮。比本貫。食粮交絶」 〔漢書‐厳助伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食糧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食糧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation