@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

食細胞【ショクサイボウ】

デジタル大辞泉

しょく‐さいぼう〔‐サイバウ〕【食細胞】
食作用をもつ細胞総称高等動物では、細菌異物、老朽細胞などを取り込んで消化する機能をもつ白血球好中球マクロファージなどがある。貪食細胞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

食細胞
 小さな物質や細菌などを取り込む細胞.異物や,自己の物質の変性したものなどを取り込んで分解する.生体防御系システムの一つとされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょくさいぼう【食細胞 phagocyte】
動物の体内にあって固形物を食べる遊走性の細胞の総称。E.メチニコフによる命名。貪食細胞ともいう。白血球やその他の遊走細胞は組織細胞と異なり,身体の中を独立してかけ回る。体液に乗って動いたり,組織の上をはって動くのであるが,このような運動型をアメーバ運動とよぶ。アメーバ運動を行う細胞は,アメーバであれ,白血球細胞であれ体外から固形物をとしてとりこんで生きているので,食細胞と呼ばれ,この餌をとりこむ作用を食細胞運動とよぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょくさいぼう【食細胞】
細菌などを捕らえて消化・分解する細胞。生物体の自己防衛や不用物の排出などの役目をする。高等動物の白血球のうちの好中球と単球・マクロファージ・組織球など。貪食どんしよく細胞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

食細胞
しょくさいぼう
動物体内にみられ遊走性またはそれに類した性質を示す細胞で、食細胞活動により体内の異物を細胞内に取り入れ分解する。高等脊椎(せきつい)動物では白血球や組織球、肺や腹腔(ふくこう)のマクロファージ、細網内皮系の細胞(骨髄、脾臓(ひぞう)、リンパ節の細網細胞、肝臓のクッパー細胞)などが食細胞で、細菌、真菌、ウイルスのほかに、死んだ細胞や固形物を食作用により処理し、生体の防衛や清掃に役だっている。海綿動物、環形動物、棘皮(きょくひ)動物などにもみられ、食物粒子の細胞内消化や、不用物の排出を行う。単細胞動物では、食胞が細胞内消化を行い、食細胞の役割を担っている。[高橋純夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょく‐さいぼう ‥サイバウ【食細胞】
〘名〙 動物の体内にあって食作用を営む細胞の総称。高等動物では病原菌や異物をとりこんで病気を防ぐ働きをする白血球や大食細胞に代表される。下等動物では海綿動物のえり細胞、腔腸(こうちょう)動物の腸上皮細胞など種類は多く、主として消化や排出などの役目をする。食菌細胞。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食細胞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

食細胞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation