@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飯山【はんざん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飯山
はんざん
香川県中部,丸亀市東部の旧町域。丸亀平野東部にあり,土器川下流東岸を占める。 1956年坂本村と法勲寺村が合体して町制。 2005年丸亀市,綾歌町と合体し丸亀市となる。かつては南海道が通る古代文化の一中心地で,条里制遺構古墳など遺跡が多い。農業が盛んで,米,果樹などを生産。また,消費地の都市部が近いことから花卉,野菜のビニルハウス栽培も行なわれる。北部瀬戸内海国立公園に属する飯野山城山がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いいやま〔いひやま〕【飯山】
長野県北東部の市。もと本多氏の城下町。伝統工芸品の仏壇や、スキーの製造が盛ん。また内山和紙が特産島崎藤村小説破戒」の舞台。人口2.4万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いいやま【飯山】
長野県北東部、千曲川に臨む市。上杉謙信の築城に始まり、江戸中期以降本多氏の城下町。仏壇・和紙・スキーを生産。豪雪地として知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飯山
はんざん
香川県中央部、綾歌郡(あやうたぐん)にあった旧町名(飯山町(ちょう))。現在は丸亀市(まるがめし)の中央部東寄りを占める一地区。讃岐(さぬき)平野の一部を占める。旧飯山町は1956年(昭和31)坂本、法勲寺(ほうくんじ)の2村が合併、町制施行して成立。町名は、北端部の讃岐富士ともよばれる飯野山(いいのやま)(422メートル)にちなむ。2005年(平成17)丸亀市に合併。国道438号が通じる。米作のほか、モモ、ブドウ、ミカンなどの果樹栽培が行われる。とくにモモの栽培が盛んで、県下一の産地である。モモの花の咲くころは、飯野山、城山(きやま)の山麓(さんろく)はピンクに彩られる。朝鮮式山城の遺構がある城山は国指定史跡。坂出市の臨海工業地帯のベッドタウンとして人口増加が著しい。それに伴い、大型店舗の出店も相次いでいる。[稲田道彦]
『『飯山町誌』(1988・飯山町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いいやま いひやま【飯山】
長野県北東部の地名。上杉謙信の築城以後、城下町として発展。仏具・内山紙を産出する。島崎藤村の小説「破戒」の舞台。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation