@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飯田蛇笏【いいだ だこつ】

美術人名辞典

飯田蛇笏
俳人。山梨県生。名は武治、別号に山廬。早大卒。自然主義文学の影響を受け、のち早稲田吟社に参加。高浜虚子の指導を受け、帰郷後は俳誌『キララ』(のち『雲母』)を主宰し、河東碧梧桐らの新傾向運動に反対する俳論を書き、ホトトギス系の俊英として活躍した。著書多数。昭和37年(1962)歿、78才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

いいだ‐だこつ〔いひだ‐〕【飯田蛇笏】
[1885~1962]俳人。山梨の生まれ。本名、武治。別号、山廬(さんろ)。早大中退。高浜虚子俳句を学び、「ホトトギス」に参加。俳誌「雲母(うんも)」を主宰。句集に「山廬集」「霊芝」「白岳」「椿花集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

飯田蛇笏 いいだ-だこつ
1885-1962 明治-昭和時代の俳人。
明治18年4月26日生まれ。早大在学中に早稲田吟社で活躍。高浜虚子に師事するが,明治42年郷里山梨県境川村に隠棲(いんせい)。虚子の俳壇復帰とともに句作を再開,「ホトトギス」の中心作家となる。俳誌「雲母」を主宰,山間の地にあって格調のたかい作風を展開した。昭和37年10月3日死去。77歳。早大中退。本名は武治。別号に山廬(さんろ)。句集に「山廬集」「椿花(ちんか)集」など。
【格言など】芋の露連山影を正しうす(「ホトトギス」巻頭句。大正3年作)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いいだだこつ【飯田蛇笏】
1885‐1962(明治18‐昭和37)
俳人。山梨県生れ。本名武治。別号山廬。名字帯刀を許された旧家長男に生まれたが,文学を志し早稲田大学英文科に入学,早稲田吟社に参加し句作に努めた。1908年,高浜虚子の俳句道場〈俳諧散心〉に最年少者として参加したが,虚子の俳壇引退で俳句への情熱をそがれ,翌年学業を捨てて帰郷,家業を継いだ。14年,虚子の俳壇復帰を知って俳句への情熱を再燃させ,村上鬼城,渡辺水巴原石鼎,前田普羅らとともに《ホトトギス》の主観高揚期の代表俳人となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飯田蛇笏
いいだだこつ
[生]1885.4.26. 山梨,境川
[没]1962.10.3. 境川
俳人。本名,武治。別号,山廬。早稲田大学文科に学ぶかたわら,高浜虚子門下の最年少作家として活躍,郷里に帰って一時句作を離れたがまもなく復帰,たちまち『ホトトギス』派の中心作家となった。しかし郷里から離れず『雲母 (うんも) 』を主宰し,土の詩人として自然と人間を徹した感性で詠む格調高い句法を発展させ,俳壇の重鎮として世を終った。『山廬集』 (1932) から『椿花 (ちんか) 集』 (66) にいたる句集 10冊のほか,30あまりの随筆集,俳句評論集などがある。 1967年から「蛇笏賞」 (角川書店) が設けられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

飯田蛇笏
いいだだこつ
(1885―1962)

俳人。本名武治(たけはる)。別号山廬(さんろ)。山梨県東八代郡境川村(現、笛吹市)生まれ。1905年(明治38)早稲田大学英文科に入学。早稲田吟社に参加し、『ホトトギス』や『国民新聞』俳壇に投句した。在学中に若山牧水との交友を保ち、後年『創作』に作品を寄せた。1909年一切の学業を捨て家郷に帰り、田園生活に入る。1912年(大正1)高浜虚子が俳壇に復帰するや『ホトトギス』雑詠欄に出句し、「芋の露連山影を正しうす」等の句により巻頭を得る。1917年『キラヽ』を改名した俳句雑誌『雲母(うんも)』を主宰し、没年まで選句した。『山廬集』(1932年、雲母社)、『白嶽(はくがく)』(1943年、起山房)等の句集を通じて格調高く雄勁(ゆうけい)重厚な句風を展開した。随筆集や評論・評訳の著書も多い。第二次世界大戦で長男と三男を失い、次男も病死という逆縁の悲しみを背負いつつ俳文学の精神を貫き、その遺志は四男の龍太(りゅうた)によって継承された。

[瓜生鐵二]

『角川源義・福田甲子雄著『新訂人と作品 飯田蛇笏』(1980・桜楓社)』『『雲母』昭和38年3・4月合併号(蛇笏追悼号)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いいだ‐だこつ【飯田蛇笏】
俳人。本名武治。別号山廬。山梨県出身。早大中退。高浜虚子に俳句を学び、「ホトトギス」同人となる。俳誌「雲母」を主宰し、剛直荘重な作風で知られた。句集「山廬集」「霊芝」など。明治一八~昭和三七年(一八八五‐一九六二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯田蛇笏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯田蛇笏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation