@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飯田【いいだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飯田
いいだ
石川県北部,能登半島北東端,珠洲市中部の旧町域。飯田湾に臨み,飯田港がある。1954年宝立町,正院町,上戸村,若山村,直村,三崎村,西海村,蛸島村の 2町 6村と合体して珠洲市となった。官公庁が集まり,商業活動も活発。奥能登のバス交通の起点をなし,リゾート施設もあって奥能登観光の拠点となっている。毎月 2日と 7日には農水産物の朝市でにぎわう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いいだ【飯田】[地名]
長野県南部の市。伊那盆地南部の中心地。もと堀氏の城下町。水引工芸が特産西部には茶の湯に最適といわれる湧水、猿庫(さるくら)のがある。平成17年(2005)10月、上村・南信濃村を編入。人口10.5万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いいだ【飯田】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

飯田
正式社名「株式会社飯田」。英文社名「Iida Co., Ltd.」。卸売業。大正12年(1923)創業。昭和25年(1950)「株式会社飯田商店」設立。平成2年(1990)現在の社名に変更。本社は大阪府八尾市安中町。食品卸会社。子会社長龍酒造、飯田商事などで構成する飯田グループの中核企業。ビール清酒・洋酒販売が主力

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いいだ【飯田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

飯田
いいだ

石川県珠洲市(すずし)の中心地区。旧珠洲郡飯田町。能登(のと)半島の先端にあり、奥能登観光の拠点。朝市が有名。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いいだ いひだ【飯田】
長野県南部の地名。堀氏二万石の旧城下町。伊那盆地南半部の商業中心地。昭和一二年(一九三七)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いいだ いひだ【飯田】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation