@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飯高[町]【いいたか】

世界大百科事典 第2版

いいたか【飯高[町]】
三重県中西部,飯南郡の町。人口5915(1995)。台高山脈連山として奈良県に接する。町域の大部分紀伊山地に属する山地で,町の中央を東流する櫛田川とその支流(はちす)川沿いに集落が形成される。耕地面積が極端に少なく山林が町域の9割をこえるため林業基幹産業となっている。土壌,気候ともに好条件に恵まれ,吉野杉に匹敵する良質の杉材を産出し,またみがき丸太材の生産も盛ん。良質で知られる香肌(かはだ)茶の栽培も行われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飯高[町]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飯高[町]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation