@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

飼鳥【しちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

飼鳥
しちょう
cage bird
主として観賞用および愛玩用の目的で人間に飼われている鳥類の総称。飼鳥には野鳥を捕獲して飼養する場合から,カナリアブンチョウセキセイインコなどのように幾世代にもわたって飼養された結果人為的品種を生じたものまである。飼鳥の対象となる鳥はスズメ目,オウム目,キジ目に属するものが多い。日本では古代から飼鳥の伝統があり,特にさえずりにすぐれたウグイスコマドリ,ホオジロなどが飼鳥の王座を占めていたが,現在では野鳥保護の観点から野鳥の飼養は原則として禁止されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐どり〔かひ‐〕【飼(い)鳥】
ペットとして飼う小鳥カナリアブンチョウインコなど。⇔野鳥

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐どり かひ‥【飼鳥】
〘名〙 (「かいとり」とも) 愛玩用、または観賞用として籠や檻(おり)の中で鳥を飼うこと。また、その飼われている鳥。広く、飼われている鳥すべてをいうこともあるが、ふつう、ニワトリなど実用的な目的で飼われている鳥はささない。〔吾妻鏡‐元仁二年(1225)二月二四日〕
※天理本狂言・鶯(室町末‐近世初)「なふなふそこな人は、人のかい鳥をなぜにとるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飼鳥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

飼鳥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation