@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

養父【やぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

養父
やぶ
兵庫県中北部,養父市の南東部を占め,円山川上流と支流建屋 (たきのや) 川流域にある地区。旧町名。 1940年町制。 1957年明神町と合体。 2004年4月八鹿大屋関宮の3町と合併し市制。古くから但馬養蚕の中心地として発展した。さなぎを餌に利用して始まった食用の養鯉業はニシキゴイなどを主とする観賞用養鯉へ変わった。養市場は但馬牛の牛市の発祥地。建屋のヒダリマキガヤは樹齢約 700年,高さ約 25mの巨木で国の天然記念物。 JR山陰本線,国道9号線が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やぶ【養父】
兵庫県北部の市。平成16年(2004)八鹿(ようか)町、養父町、大屋町、関宮(せきのみや)町が合併して成立。市内にある明延(あけのべ)鉱山はかつて(すず)産出量日本一だったが、昭和62年(1987)に閉山氷ノ山(ひょうのせん)鉢伏(はちぶせ)高原にはスキー場が多い。人口2.7万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう‐ふ〔ヤウ‐〕【養父】
養子先の父。また、養い育ててくれた義理の父。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようふ【養父】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

養父
やぶ

兵庫県中北部、養父郡にあった旧町名(養父町(ちょう))。現在は養父市の南東部を占める一地区。1940年(昭和15)養父市場村が町制施行して養父町となり、1957年(昭和32)明神(みょうじん)町に編入、養父町と改称。なお明神町は1956年に広谷(ひろたに)町と建屋(たきのや)村が合併して成立。2004年(平成16)八鹿(ようか)、大屋(おおや)、関宮(せきのみや)の3町と合併、市制施行して養父市となる(なお、この合併により養父郡は消滅)。旧養父町は、円山(まるやま)川とその支流大屋川、建屋川流域の町で、JR山陰本線と国道9号、312号が走る。養父市場は山陰道の宿場町であり、またかつて牛市や農産物市が立ち、但馬(たじま)養蚕の中心であった。いまはブロイラーや和牛飼育などの畜産が盛んで、ニシキゴイの養殖も行われる。但馬最古といわれる式内社の養父神社、県下最大の大藪(おおやぶ)古墳群がある。また、樹齢700年といわれるカヤの巨木「建屋のヒダリマキガヤ」は、国の天然記念物に指定されている。古民家を利用した民俗資料館には、養蚕、和牛、炭焼き関係の生活用具・資料などが展示されている。森地区にキャンプ場などを備えた石ヶ堂古代村がある。

[大槻 守]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やぶ【養父】
兵庫県の中北部の地名。円山川の支流、大屋川と八木川の流域にある。西部の氷ノ山付近は氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されている。平成一六年(二〇〇四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よう‐ふ ヤウ‥【養父】
〘名〙 養子先の父。養家の父親。また、養育してくれた義理の父。
※古事談(1212‐15頃)二「一条摂政殿御堂養父云々」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「Kの手紙を見た養父(ヤウフ)は大変怒りました」 〔五代史‐唐荘宗劉后本紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養父」の用語解説はコトバンクが提供しています。

養父の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation