@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

養老ノ滝【ようろうノたき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

養老ノ滝
ようろうノたき
岐阜県南西部,養老町にある滝。高さ約 30m,幅約 7m。養老山地の北東斜面の断層崖にかかる。周辺は養老公園と呼ばれ,養老神社,養老寺があり,孝子伝説の掬水泉は神社境内にある。揖斐関ヶ原養老国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようろうのたき【養老ノ滝】
岐阜県南西部,養老郡養老町の県立養老公園内にある滝。滝は養老山地東麓の断層崖にかかり,高さ約30m,幅約4mで,うっそうと茂る樹間に勢いよく落下する。《続日本紀》に717年(養老1)元正天皇が美濃国の不破行宮(ふわあんぐう)に行幸したとき,当耆郡多度山の美泉の効用を知り,これを瑞祥(ずいしよう)として中国の故事にちなみ養老と改元したとの記事があり,《十訓抄》《古今著聞集》には源丞内がわき出る酒を発見し,老父に飲ませて孝養をしたという説話が記される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の地名がわかる事典

〔岐阜県〕養老ノ滝(ようろうのたき)

岐阜県南西部、養老山地北東部にある滝。落差約32m。滝の水が酒に変わったという孝子の養老伝説で知られる。揖斐関ヶ原(いびせきがはら)養老国定公園に属し、一帯には養老ランド・こどもの国などのレジャー施設がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

養老ノ滝
ようろうのたき
岐阜県養老郡養老町にある滝。養老山地北部の東斜面にかかる滝で、養老町にある新旧二段の滝谷扇状地の中の浅い谷道を西へたどって進み、さらに扇頂部の急坂をあえぐように登りきると養老ノ滝に着く。滝の高さ約32メートル、幅約4メートル。養老ノ滝は県営養老公園の要(かなめ)であり、付近に、孝子源丞内(げんじょうない)が老父に孝養を尽くしたという伝説にゆかりの菊水泉(きくすいせん)や、元正(げんしょう)天皇行宮(あんぐう)跡、養老寺、養老神社などの名所旧跡がある。元正天皇は717年(霊亀3)この地に行幸し、美泉の瑞祥(ずいしょう)により年号を養老と改元した(『続日本紀(しょくにほんぎ)』)。1970年(昭和45)には揖斐関ヶ原養老国定公園(いびせきがはらようろうこくていこうえん)に指定され、桜と紅葉の名所としても観光客に親しまれている。[上島正徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

養老ノ滝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

養老ノ滝の関連情報

他サービスで検索

「養老ノ滝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation