@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

餓鬼草紙【がきぞうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

餓鬼草紙
がきぞうし
永遠の飢えと渇きに苦しむという餓鬼道を描いた絵巻。平安時代末期~鎌倉時代初期の 10段のみでを欠く東京国立博物館本 (河本家旧蔵) ,詞,絵各7段の京都国立博物館本 (曹源寺旧蔵) の2巻 (国宝) が現存し,画風はやや異なるがともに紙本着色。『地獄草紙』との形態上の類似からみて,一連六道絵をなしていたとも考えられている。風俗画としてもすぐれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がきぞうし〔ガキザウシ〕【餓鬼草紙】
飢えと渇きに悩みながら人間界に出没する餓鬼諸相を描いた絵巻。六道絵の一。平安末期作。東京および京都の国立博物館所蔵の2巻が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がきぞうし【餓鬼草紙】
六道のうち餓鬼道に堕ちた者を描いた12世紀後半の絵巻。永遠にみたされない渇きや飢えに苦しみ,救いを求めて人間界に出没するおぞましい餓鬼の姿を仮借ない筆で描き出す。六道輪廻思想に基づき,苦悩にみちた世界を強調し,欣求(ごんぐ)浄土へと人々を駆りたてた六道絵の一つ。2巻が現存し,東京国立博物館本(河本家旧蔵)は,絵のみ10段で,産婦を求め嬰児(えいじ)の便をうかがいその命を奪うという伺嬰児便餓鬼や,人間の糞を食いあさる食糞餓鬼など,《正法念処経(しようぼうねんしよきよう)》の説く餓鬼を描き,緻密ですぐれた描写力をみせる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

餓鬼草紙
がきぞうし

餓鬼の世界を主題とした絵巻。東京国立博物館蔵の1巻と京都国立博物館蔵の1巻とが著名である(いずれも国宝)。東博本は、欲色(よくしき)餓鬼、伺嬰児(しえいじ)餓鬼、羅刹(らせつ)餓鬼、食糞(じきふん)餓鬼、疾行(しっこう)餓鬼、曠野(こうや)餓鬼、食吐(じきと)餓鬼、食水(じきすい)餓鬼など諸餓鬼を、京博本は、目蓮(もくれん)尊者が餓鬼道に落ちた母を救う話、仏が恒河(ごうが)のほとりの500の食水餓鬼を救う話、阿難(あなん)尊者が焔口(えんこう)餓鬼を救う話などを扱っている。どちらも「正法念処経(しょうぼうねんしょきょう)」の説くところによっており、現世の所業に対する来世の応報が描かれる。この2本は別筆であるが、どちらものびのびとした描線と淡泊な色彩で、餓鬼の醜怪な姿を生き生きと描出して真に迫るものがある。『地獄草紙』などとともに、平安末~鎌倉初頭の動乱期の不安な社会情勢を背景に、当時流行した六道思想を反映してつくりだされたものと考えられている。

[村重 寧]

『家永三郎編『新修日本絵巻物全集7 地獄草紙他』(1976・角川書店)』『小松茂美編『日本絵巻大成7 餓鬼草紙他』(1977・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

餓鬼草紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

餓鬼草紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation