@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

餓鬼【がき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

餓鬼
がき
preta
仏教で説く六道の一つの餓鬼道に住むもの。あるいは人間とともに住む餓鬼もいるといわれる。常に飢えと渇きに苦しみ悩まされ,餓鬼のは出てと筋とばかりで,長い間食物について聞くことも見ることもなく,たとえ見たとしても食べることはできない。また食べようとして口のところにもってくるととなってしまうこともあるといわれる。さらに子供の貶称に用いることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

が‐き【餓鬼】
《〈梵〉pretaの訳。薜茘多(へいれいた)と音写》生前の悪行のために餓鬼道に落ち、いつも飢えと渇きに苦しむ亡者。
餓鬼道」の略。
《食物をがつがつ食うところから》子供を卑しんでいう語。「手に負えない餓鬼だ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

餓鬼
ちばてつやによる漫画作品。北国山奥両親をなくし、から追われた主人公が心を病んだまま成長し、数々の凶悪犯罪に手を染めていく物語。『ぼくらマガジン』1970年第6号~第36号に連載。講談社少年マガジンKC全2巻。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がき【餓鬼 preta[サンスクリツト]】
仏教においては,最高の境界であるから最下位地獄までを十位に分かち,餓鬼はその下から2番目の悪趣(あくしゆ)(悪い境界)の住人である。絶えず飢えと渇きに苦しみ,咽はきわめて細く,腹部はふくれた姿で表されている。飲食物を口に近づけるとすべて炎となり,口に入れることはできないのである。天,人,修羅(しゆら),畜生(ちくしよう),餓鬼,地獄を六道とも六(悪)趣とも言い,行いの善悪によって六道の中で生死を繰り返すのが輪廻(りんね)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がき【餓鬼】
生前の悪業の報いで、餓鬼道に落ちた亡者もうじや。体はやせ細り、のどは針のように細く、また、手にとった食物が火に変わってしまうため常に飢えに苦しんでいるとされる。
「餓鬼道」の略。
食物に飢えている者。また、貪欲な者。
[2] 食物をむさぼることから
子供を、卑しめて言う語。うるさい-どもだ
俗に、子供の意。 -の頃から -大将

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

餓鬼
がき
サンスクリット語プレータpretaの訳で、悲惨な状態にある死者をさす。原語は単に「逝ける者」を意味し、死者の霊をさす漢語「鬼(き)」に相当したが、仏教世界観において、迷いの生存形式である六道(ろくどう)の一つ(餓鬼道)となった。そこに住む者は絶えず飢餓に苦しめられるので「餓鬼」の熟語を生じ、咽(のど)は針のごとく細く、腹は山谷のごとくに膨れているなどと形容される。施餓鬼会(せがきえ)や盂蘭盆会(うらぼんえ)などでは彼らへの供養(くよう)が行われる。なお、俗に子供を餓鬼と称するのは、彼らが絶えず腹をすかせている存在だからである。[定方 晟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が‐き【餓鬼】
〘名〙 (preta の訳語。薜茘多と音訳)
① 「がきどう(餓鬼道)」の略。
※今昔(1120頃か)六「在生の時、財を貪(むさぼり)しが故に、餓鬼の中に堕(おち)たり」
※正法眼蔵(1231‐53)身心学道「地獄・餓鬼・畜生・修羅等のなかにしても」
② 仏語。六道(りくどう)の一つの餓鬼道に落ちた亡者。
(イ) 生前犯した罪の報いによって、餓鬼道に落ちた亡者。さまざまなものがいるとされ、やせこけて腹だけふくれた姿をし、のどが針のように細く、しかも飲食しようとする食物はたちまち炎に変わるため飲食することができなくて、常に飢えと渇(かわ)きとに苦しんでいるとされるなど。
※万葉(8C後)四・六〇八「相思はぬ人を思ふは大寺の餓鬼の後(しりへ)に額(ぬか)つくごとし」 〔大智度論‐三〇〕
(ロ) 後世を弔う者もなく、苦しんでいる無縁の亡者。
③ (比喩的に) ②のような状態にある者。
(イ) 飢えてやせ、または異様な姿をしている人。
※日葡辞書(1603‐04)「Gaqi(ガキ)〈訳〉比喩。飢えてやせ衰え形を崩し、青ざめた人」
(ロ) 飲食をむさぼったり、物惜しみしたりする人。転じて、人を卑しめ、ののしる語として用いる。
※日葡辞書(1603‐04)「Gaqi(ガキ)〈訳〉人を叱り、おとしめることば。例、アノ gaqimega(ガキメガ)
④ (食物をむさぼるところから) 子供を卑しめていう俗語。
※咄本・軽口あられ酒(1705)四「口のすぎたがきとてにらむ」
※夢酔独言(1843)「がきのじぶんよりわるさ許りして」
⑤ 「がきやみ(餓鬼病)①」の略。
⑥ 楊弓、大弓で銭を賭け物にするとき、一銭をさす隠語。
※随筆・一時随筆(1683)「かけものは檀紙をも、すきはらをも、たんざくをも用ゆる也。さて銭のときは、一銭を餓鬼(ガキ)、二銭を地といひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

餓鬼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

餓鬼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation