@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

餞別【センベツ】

デジタル大辞泉

せん‐べつ【×餞別】
遠方に旅行する人や転居・転任などをする人に、別れのしるしとして金品を贈ること。また、その贈り物。はなむけ。「餞別を贈る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんべつ【餞別】
旅行,転居,転任など長期の離別に当たり,別れの印として贈る金品。〈はなむけ〉ともいう。かつての旅は道中にさまざまな苦難を伴うものであったことから,別は単なる別れの印あるいは金銭的援助として贈られるだけでなく,大勢の者の合力によって旅の安全を願う意味も込められていた。沖縄宮古島では餞別に姉妹は兄弟に対して櫛などの装身具を贈って無事帰還を願った。一般に旅の餞別には旅先のみやげ物を返礼とする。贈物土産岩本 通弥】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

餞別
せんべつ

旅立つ人に「はなむけ」として贈る金銭や品物のこと、または贈ること。贈答の習わしの一つである。昔、旅に出る人の馬の鼻を行く方向へ向けて見送ってやったことから、「うまのはなむけ」が餞別の意となり、それが「贈り物」に転用されたといわれている。餞別はかさばる品物より、現金のほうが喜ばれる例が多いが、受けた側は旅から帰ったときにおみやげを贈るのが普通である。その場合、受けた金額の半分以上のものにするのが一般的とされている。会社の転勤などの餞別は金銭が通例。のし袋は紅白の水引で、蝶(ちょう)結びのものを用いる。外地へ転任する人には、早めに届けたい。退職・転職などの場合は心温まる手紙を添えるとよい。

[石川朝子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐べつ【餞別】
〘名〙
① 遠く旅立つ人や、転居などをする人を送別すること。特に、その人の無事を祈って酒食をともにして送りだすこと。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※古今著聞集(1254)四「学士実政朝臣任国におもむきけるに、餞別のなごりををしませ給て」 〔韋応物‐送宣州周録事詩〕
② 遠く旅立つ人や転居などをする人に、別れのしるしとして詩歌や金品などをおくること。また、そのおくりもの。はなむけ。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)六月一日「是近日可皈洛之間、為餞別也」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)武隈の松「『武隈の松みせ申せ遅桜』と、挙白と云ものの餞別したりければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

餞別」の用語解説はコトバンクが提供しています。

餞別の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation