@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

饂飩【ウドン】

デジタル大辞泉

う‐どん【××飩】
《「うんどん」の音変化》小麦粉に少量のを加え、水でこね、薄く延ばして細く切ったものをゆでた食品奈良時代から伝えられたという。切り麦。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うん‐どん【××飩】
うどん(饂飩)」に同じ。
「―か、ぬるむぎ、あつむぎ、ひやむぎ、きりむぎ、まんぢゅうでもなかったか」〈虎明狂・文蔵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワンタン【饂飩/雲呑】
《〈中国語〉》中国料理点心の一。小麦粉をこねてつくった薄皮で、味付けしたひき肉・刻みネギなどを包んだもの。ゆでてからスープに入れて食する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

うどん【饂飩】
小麦粉を塩水で練って薄くのばし、細く切って作った生麺乾麺をゆでて用いる。ゆでた麺をつけにつけながら、また、あたたかい汁をかけたり、とともに汁で煮込んだりして食べる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うどん【饂飩】
小麦粉を塩水で練って薄くのばし、細長く切ったものをゆでた食品。切り麦。うんどん。 奈良時代に唐から伝わった餛飩こんとんを温かくして食べたうんとんに由来するという

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うんどん【饂飩】
うどん(饂飩)に同じ。 茶屋へよりて、打置の-いそがせ/浮世草子・諸艶大鑑 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

う‐どん【饂飩】
〘名〙 (「うんどん(温飩)」の変化した語か) 小麦粉に少量の塩と水を加えてこね、薄く伸ばして細く切ったもの。茹でて汁に付けたり、汁と共に煮たりして食べる。うんどん。きりむぎ。
※親元日記‐寛正六年(1465)一二月二五日「御供衆点心 うとん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

饂飩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

饂飩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation