@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

饅頭【まんじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

饅頭
まんじゅう
蒸し菓子一種で,あん小麦粉生地で包み蒸したもの。生地は砂糖を湯で溶かし,冷却後,小麦粉や膨剤などを加え粘りを出さないよう軽くこねてつくる。に色をつけるためカラメルを加えることもある。元来は中国でつくられたものが,暦応4 (1341) 年に帰化人林浄因によってもたらされたといわれ,当初はあんが入っていなかった。その後さまざまな工夫が凝らされ,酒饅頭薬饅頭など各地で名産品がつくられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まん‐じゅう〔‐ヂユウ〕【×頭】
《「じゅう(頭)」は唐音》小麦粉などの粉をこねた皮であんを包み、蒸すか焼くかしてつくった菓子。そばまんじゅう酒まんじゅうなど種類が多い。中国で諸葛孔明(しょかつこうめい)が創始したと伝えられ、日本では、14世紀にから渡来した林浄因がつくった奈良饅頭に始まるとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マントー【饅頭】
《〈中国語〉》中国の蒸しパン。包子(パオズ)に対し、中に何も入れないものをいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

まんじゅう【饅頭】
小麦粉・そば粉・米粉など穀物の粉を練った皮であんを包んで蒸したり焼いたりした菓子。普通は和菓子をいう。多くは蒸しまんじゅうで、酒まんじゅう・そばまんじゅう・薯蕷(しょよ)まんじゅうなどがある。焼きまんじゅうには栗まんじゅうなどがある。◇中国から禅宗とともに日本に伝わった点心の一つ。鎌倉時代の臨済宗の僧・円爾(えんに)が宋(中国)から製法を持ち帰ったとも(1241年帰国)、南北朝時代に帰化した林浄因(りんじょういん)がもたらしたともいわれるが、日本曹洞宗の開祖・道元の法語集『正法眼蔵』「看経(かんきん)」巻には、1241(仁治2)年にはすでに寺院でまんじゅうが作られていたという記述があり、それ以前に製法が伝わっていたと考えられる。ただし、あずきあんなど砂糖を用いた甘いあんになるのは後年。「じゅう」は唐音。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マントウ【饅頭 (中国)】
中国料理の点心の一種。小麦粉を水で練った生地を老麺(ラオミエン)と呼ばれる発酵種を用いて発酵させ、丸めて蒸したもの。中身は入れない。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まんじゅう【饅頭】
じゅうは唐音
小麦粉・そば粉・上新粉などを練った生地で餡あんを包み、蒸すか焼くかした菓子。暦応年間(1338~1342)宋の林浄因が日本に伝えたとされる。
饅頭形のアイロン台。袖付け・襟回りなどの仕上げに使う。
饅頭金物に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マントー【饅頭】
中国語
粉を練って蒸した丸いパン。また、粉を練った生地で餡あんを包み、蒸した菓子。マントウ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まん‐じゅう ‥ヂュウ【饅頭】
(「ぢゅう」は「頭」の唐宋音)
[1] 〘名〙
① 小麦粉、米粉、蕎麦粉などに、ふくらし粉や甘酒の搾り汁と水を加えて発酵させた皮にあんを包み、下側を平らに、上部を丸く形づけて蒸したもの。中国のマントーが起源といわれるが、中国のマントーは中にあんを包まないのが一般的。日本には鎌倉初期に渡来し、暦応年間(一三三八‐四二)に中国から帰化した林浄因が、奈良でつくり、売り出したという。
※正法眼蔵(1231‐53)示庫院文「もし在家より饅頭・乳餠・蒸餠等、きたらんは」
② ①の形にした料理につけられる語。まんじゅう蒸し、まんじゅう焼きなど。
④ 「たこのまくら(蛸枕)」の異名。
⑤ (「ふなまんじゅう(船饅頭)」の略) 船中で売春をした私娼。
※雑俳・馬たらひ(1700)「あつい事・下直まんぢうの頬の皮」
⑥ 女性の陰部をいう。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「こへ油づきたるおゐどの、蟻のとわたりまでが、饅頭(マンヂウ)にぬれ紙をかけたるやうに、ここちよく見ゆるなり」
⑦ アイロン台の一種。枕状のもの。肩や袖のふくらみのある部分の仕上げに用いる。
※あらくれ(1915)〈徳田秋声〉六九「仕事道具の饅頭を枕に寝そべって」
⑧ 懐中時計をいう、盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧(1915)〕
※浅草(1931)〈サトウハチロー〉僕の浅草「『じゃア、何でくらしてゐるんだい』『足がつき安くていやだけれど、マンヂュー専門だよ』」
[2] 狂言。大蔵流。都で饅頭売りに饅頭をすすめられた田舎者は、うまいかどうか食ってみせたら買おうという。饅頭売りはふるまってもらえると思い全部食べ、代金を田舎者に請求する。田舎者は自分が食べたのではないから知らぬと言い、さらには刀に手をかけて饅頭売りをおどし立ち去る。「狂言記」で「饅頭食い」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マン‐トー【饅頭】
〘名〙 (中国語から) 小麦粉をこねて蒸した中国の蒸しパン。
※赤い国の旅人(1955)〈火野葦平〉四月二一日「フライパンで饅頭(マントウ)のようなものをあぶったりしていた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

饅頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

饅頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation