@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

饗応【キョウオウ】

デジタル大辞泉

きょう‐おう〔キヤウ‐|キヨウ‐〕【×饗応/供応】
[名](スル)《「響応(きょうおう)」から》
酒や食事などを出してもてなすこと。きょうよう。「―を受ける」
(饗応)相手の言動に逆らわずに迎合すること。へつらうこと。きょうよう。
「これは―の言なり」〈今昔・二四・二六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうおう【饗応】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きょう‐おう キャウ‥【饗応・享応・供キョウ応】
〘名〙
① 相手の意にさからわないで迎合すること。へつらうこと。また、下へもおかないで扱うこと。きょうよう。
※大鏡(12C前)四「『ふさはしからずにくし』とは思はれけれど、その座にては饗応し申してとりあらそひけり」
② 酒や料理をとりそろえてもてなすこと。馳走すること。きょうよう。
※明衡往来(11C中か)上本「已以無饗応。依人被花」
※徒然草(1331頃)一一三「客人に饗応せんときらめきたる」
[語誌](1)中国古典においては「響きが声に応じて起こるように、人の言葉や行動にすばやく反応すること」という意味で「響応」と書かれ、これが原義とされる。
(2)日本においては原義から①の意味が生じ、また、「相手を喜ばせる」という部分に重点が移った結果、②の意味が派生し、それに伴って「響」が「饗」と書かれるようになった。「供」は現代表記における代用字。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう‐よう キャウ‥【饗応】
〘名〙 (「よう」は「応」の漢音、「おう」は呉音)
※能因本枕(10C終)九二「大饗の甘栗の使ひなどに参りたるを、もてなしきゃうようし給ふさま」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

饗応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

饗応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation