@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

首座【シュザ】

デジタル大辞泉

しゅ‐ざ【首座】
いちばん上位の席。首席。
最上位の席に着く資格のある人。
しゅそ(首座)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐そ【首座】
《「そ(座)」は唐音禅宗の寺で、修行僧のうち第一の位の者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅざ【首座】
一番上位の席。また、その席に座る資格のある人。 老中-
しゅそ(首座)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅそ【首座】
は唐音
禅寺で、修行僧の中で第一席にある人。住持の次席。しゅざ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐ざ【首座】
〘名〙
① 一番上位の席。上席。首席。かみざ。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「錦襖首座、汝荘以て之に臨む」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉五「此青年の優然として首座を占むるのを心憎くく覚へて」
② 上座につく資格のある人。一座の首位にある人。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二「尤も席順から言へば、丑松は首座」
※太平記(14C後)二四「本寺当官にて、士昭首座(シュザ)、是等は皆江湖の龍象也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐そ【首座】
〘名〙 (「そ」は「座」の唐宋音) 仏語。禅寺で修行僧中、首席にあるものをいう。修行僧中の第一座で、長老(住持)の次位。僧堂内のいっさいの事をつかさどる。上座。しゅざ。
※永平道元禅師清規(13C中)弁道法「就椅子聖僧而坐禅。首座向牀縁而坐禅」
※浮世草子・男色大鑑(1687)三「はじめは東福寺の首座(シュソ)たりしが、いつの比還俗して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

首座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation