@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

首脳会談【しゅのうかいだん】

世界大百科事典 第2版

しゅのうかいだん【首脳会談】
政府の最高責任者が一堂に会して行う会議。国家間外交の伝統的な形態は,A国の大使(または外相)とB国の外相(または大使)といったレベルの2ヵ国の政府代表者の間の交渉であり,または大使館員と駐在国の外務省員との間の,実務者レベルの話合いであった。首脳会談は,第1次大戦前はきわめて稀であったといってよい。第1次大戦の後始末をつけたパリ講和会議は,ウィルソン・アメリカ大統領,ロイドジョージ・イギリス首相,クレマンソー・フランス首相ら大国の最高責任者が集まり,対独講和条約のあり方を論議した点で,首脳会談の性格をもった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

首脳会談
しゅのうかいだん
summit conference

戦時と平時とを問わず、国際社会における重要問題を協議するため、関係国の政府首脳が会談することをいい、巨頭会談、頂上会談ともよばれる。主要国の政府首脳が会談、協議することは古くからの外交慣例であるが、首脳会談という名称でよばれるようになったのは、第二次世界大戦中に連合国の首脳が戦争遂行、戦後協力などのためしばしば会談、協議して以来のことである。その最初のものは1941年8月、ニューファンドランドにおけるルーズベルト米大統領とチャーチル英首相の会談である。このとき、有名な「大西洋憲章」が合意された。このほかおもなものをあげると、アルカディア会談(1941~42)、ワシントン会談(1942)、カサブランカ会談(1943)、ケベック会談(第一次1943、第二次1944)などがあるが、なんといっても重要なのは米英ソ3国首脳がそろったテヘラン会談(1943)、ヤルタ会談(1945)、ポツダム会談(1945)の三つの会談である。戦後も、この種の東西両陣営による大型首脳会談はしばしば行われているが、1955年の米英仏ソ4国首脳によるジュネーブ巨頭会談が目だつ程度で、1961年のケネディ米大統領とフルシチョフ・ソ連首相のウィーン会談や、1967年のコスイギン・ソ連首相とジョンソン米大統領のグラスボロ会談もとくに大きな意義はなかった。また西側諸国の首脳会談、非同盟諸国の首脳会談など、開催が日常化し具体的成果に乏しい。

[藤村瞬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首脳会談」の用語解説はコトバンクが提供しています。

首脳会談の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation