@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

首飾【しゅしょく】

大辞林 第三版

しゅしょく【首飾】
かみかざりの類。 主なる-類を売つて/渋江抽斎 鷗外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くびかざり【首飾】
首や胸元に飾る輪状のアクセサリー。ネックレスnecklaceともいう。宝石,貴金属をはじめとして,,木の,動物のや骨,色糸その他さまざまな材料が用いられる。頭飾耳飾腕輪などの他の装身具に比べてもより多くみられ,特に未開社会では,ほかになんの飾りも身につけていなくても,首飾だけは日常的につけていることが多い。最も目だつ装身具であるところから,装飾を目的とするだけでなく,古来より未開文明を問わず,社会的地位権力などをあらわす手段であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐しょく【首飾】
〘名〙 頭を飾るかんざしの類。
※読本・唐錦(1780)四「美しき首餝(シュショク)(〈注〉カミノカザリ)衣裳を求め候はんと思ひ」 〔曹植‐洛神賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首飾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

首飾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation