@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

香合【こうあわせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

香合
こうあわせ
たかれた木の香を聞き,その香銘を当て,匂いの優劣判定し合う遊戯。文亀1 (1501) 年5月 29日,主人の志野宗信のもとに牡丹花肖柏ほか8名の客が集って,歌合 (うたあわせ) の方式で 10種の香を嗅ぎ分けた「名香合」が特に著名。 16世紀頃になると遊戯上の興味の中心は,匂いと香銘の出典を考え合せて一つの物語を作ることに移っていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香合
こうごう
香を入れるためのふたつきの小型の器。香盒とも書き香箱ともいう。おもに香道茶の湯で用いる。漆器陶磁器金属器のほか,象牙果実などで作られたものもある。陶製で型にはめて作った型物香合が特に愛好される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐ごう〔カウガフ〕【香合/香×盒】
香を入れる小さな容器。漆器・木地蒔絵(まきえ)・陶磁器などがある。香箱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうあわせ【香合】
出香した両者の香の優劣を競う香会をいう。平安時代,薫物(たきもの)(練香)の流行にともない,薫物を競い合う薫物合が催されたが,鎌倉時代以後は一木の沈香木で興行された。歌合,根合,菊合,草紙合,絵合などと同じく合せものである。室町末に三条西実隆,志野宗信らが催した名香合の記録《五月雨之記》に〈香あはせのうちにもたきものあはせ……〉とあるように,薫物でも沈香でも香合は催されたのであって,組香による香道の先駆となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こうごう【香合】
香を入れる蓋付きの器。献香聞香,茶の湯の三つの場合に分けられるが,本来香炉に添っていたものである。香合のもっとも早い例は正倉院に伝来する塔鋺といわれ,その後中国製の堆朱存星など漆物を中心に大小合子(ごうす)が使われている。日本の漆物としては鎌倉彫や蒔絵がある。茶の湯の香合の場合は,大別すると漆物と陶磁器で,ほかに木地物,金属,貝などが用いられ,献香用,聞香用に比べると種類が多く,造形的にも変化にとんでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐あわせ カウあはせ【香合】
〘名〙
① 合物(あわせもの)の一種。左右にわかれ、沈香木をその名を隠してたき、香の種類をかぎわけたり、優劣の判定をしたりする遊戯。名香合。
※五月雨日記(1479)「香合といふこと。いにしへよりつたへて、代々のきみもすてたまはず」
② 種々の香料を各人の秘法で調合し、練香にしたものをたいて優劣を判定する遊戯。薫物合(たきものあわせ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

香合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation