@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

香川景樹【かがわ かげき】

美術人名辞典

香川景樹
江戸後期の歌人桂園派鳥取生。名は純徳、のち景樹、通称を銀之・貞十郎、号は桂園・東樢。伊藤仁斎門下。鷹司家西洞院家に仕える。香川黄中の養子となり京都歌壇を風靡した。のち江戸・伊勢尾張を廻り、門人は千余人を数え、永く明治・大正にまで門流を引いた。天保14年(1843)歿、76才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

かがわ‐かげき〔かがは‐〕【香川景樹】
[1768~1843]江戸後期の歌人。鳥取の人。号、桂園。香川景柄(かげもと)、小沢蘆庵師事賀茂真淵(かものまぶち)らの古代尊重主義に反対、純粋感情を重んじる桂園派を打ち立てた。歌集桂園一枝」、歌論新学異見(にいまなびいけん)」「古今和歌集正義」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

香川景樹 かがわ-かげき
1768-1843 江戸時代後期の歌人。
明和5年4月10日生まれ。二条派の香川景柄(かげもと)の養子。小沢蘆庵(ろあん)の影響をつよくうけ,のち養家をさり桂園派をおこす。「調べの説」をとなえ,賀茂真淵らの復古主義歌学を否定した。天保(てんぽう)14年3月27日死去。76歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。本姓は荒井。初名は純徳。通称は銀之助。号は桂園。歌集に「桂園一枝」,著作に「古今和歌集正義」など。
格言など】歌はことわるものにあらず,調ぶるものなり(「随所師説」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かがわかげき【香川景樹】
1768‐1843(明和5‐天保14)
江戸後期に活躍した歌人。通称銀之助。号は桂園,東塢(とうう)亭など。桂園派の祖。因幡国鳥取藩の藩士荒井家に生まれる。26歳の年に京都に出,やがて歌才を認められて二条派の歌人香川景柄(かげとも)の養子となり,中央歌壇で活躍する地盤を得た。その後,香川家と離絶するが,以後も香川姓を名のった。その一門桂園派は,先行の賀茂真淵の門流県門(けんもん)と鋭く対立。県門の大御所,村田春海,加藤()千蔭によって,激しい批判があびせられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

香川景樹
かがわかげき
[生]明和5(1768).4.10.
[没]天保14(1843).3.27.
江戸時代後期の歌人,国学者。鳥取藩士荒井小三次の次男。銀之助,純徳ともいい,号は東塢 (とうう) 亭,梅月堂,桂園。香川景柄 (かげもと) の養子となり,のち離縁したが,やはり香川姓を名のった。和歌,学問とも,賀茂真淵の立場に反対し,村田春海,加藤千蔭ら江戸派と論戦した。歌論では古今風を尊重し,また俗語を歌に詠むべきであると説き,万葉風を鼓吹した真淵の『爾比末奈比』の論難書として『新学異見』 (1811) を著わした。自撰の歌集に『桂園一枝』 (30) がある。『桂園一枝拾遺』 (50) は門人の編。ほかに歌論としては『歌学提要』 (43) ,『桂園遺文』 (59) ,国学関係の著作としては『百首異見』 (23) ,『古今和歌集正義』 (35) など。門弟が多く,桂園派として近世歌壇の中心を占めて,明治初期まで有力だった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

香川景樹
かがわかげき
(1768―1843)

江戸後期の歌人。号桂園(けいえん)。鳥取藩軽輩荒井小三次の次男に生まれ、銀之助といったが、7歳で父に死別し、伯父奥村定賢の養子となって奥村純徳と改めた。年少のころから学問を好み、清水貞固(さだかた)に和歌を学んだ。26歳で和歌修業のため京都に上り、荒井玄蔵の変名で按摩(あんま)をしながら刻苦勉励し、29歳で二条派地下(じげ)の宗匠香川梅月堂景柄(かげもと)の養子となり、香川式部景樹といった。このころ小沢蘆庵(ろあん)の「ただこと歌」に啓発されて、古今伝授を伝統的権威とする二条派和歌に反発し、37歳で梅月堂を離縁となり、独立して桂園派の一派をたてた。景樹の主張の一つは中世的伝統歌学の否定であり、他の一つは復古主義歌学の否定である。賀茂真淵(かもまぶち)の『新学(にいまなび)』に対して『新学考』(1815年に『新学異見』として出版)を書いて、真淵の『万葉集』尊重と古代精神復活の主張を批判し、『古今集』を尊重しながらも「今の世の歌は今の世の詞(ことば)にして今の世の調(しらべ)にあるべし」と「調の説」をたてて和歌の現代性を強調し、近世歌論に新しい展開を示し、熊谷直好(くまがいなおよし)、木下幸文(たかふみ)をはじめとして概数1000人の門人たちは全国に桂園派の新歌風を拡大した。

 景樹は1803年(享和3)に従(じゅ)六位下長門介(ながとのすけ)に、41年(天保12)に従五位下肥後守(ひごのかみ)に叙任。天保(てんぽう)14年3月27日に76歳で没した。法名は実参院悟阿在焉居士(ごあざいえんこじ)。在焉は誠拙禅師に参禅して得た法号である。墓は京都市左京区東山通仁王門の聞名寺(もんみょうじ)境内の香川家墓地にある。著書に『百首異見』『土佐日記創見』『古今和歌集正義』など、家集に『桂園一枝(いっし)』『桂園一枝拾遺』、門人の編著に『桂園遺稿』『歌学提要』『随所師説』などがあり、そのほかに『桂園祕稿』『桂園遺芳』『桂園叢書(そうしょ)』なども編纂(へんさん)されている。

[兼清正徳]

 大井川かへらぬ水にかげ見えて今年もさける山ざくらかな

『山本嘉将著『香川景樹論』(1942・育英書院)』『黒岩一郎著『香川景樹の研究』(1957・文教書院)』『兼清正徳著『香川景樹』(1973・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

香川景樹 (かがわかげき)
生年月日:1768年4月10日
江戸時代後期の歌人
1843年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがわ‐かげき【香川景樹】
江戸後期の歌人。号は桂園。鳥取の人。香川景柄(かげもと)、小沢蘆庵(ろあん)に学び、景柄の養子となる。「古今集」の歌を支持して、賀茂真淵らの崇古主義、万葉調偏向を批判。実景、実情への誠実を重んじる「しらべ」の論を説いて桂園派の歌風を樹立した。歌集に「桂園一枝」、歌論に「百首異見」「土佐日記創見」「古今和歌集正義」など。明和五~天保一四年(一七六八‐一八四三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

香川景樹
かがわかげき
1768〜1843
江戸後期の歌人。桂園派の始祖
通称銀之助。号は桂園・梅月堂など多数。伯耆鳥取藩士の2男として生まれ,のち京都に出て香川景柄 (かげもと) の門に入り,養子となった。一意歌道に精励し,優美な歌風の桂園派をおこし,関西歌壇を革新した。著書は多く,『桂園一枝』『古今集正義』などが著名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香川景樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

香川景樹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation